第一章:暗雲


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第一節

クエスターズ・ギルドに所属するクエスター達は賊の討伐と言う依頼を受けてプレアディスに属する辺境の港町へ向かう。そこで彼等はエール・ガンや機兵といったプレアディスの賊が持ちえない兵器で武装した賊と戦闘に。辛うじて勝利し生き残りを捕らえようするが「エールに還る」という意味深な言葉を残して自殺した。

第二節

先日の賊の討伐依頼に関わったとして、プレアディスから派遣された特務調査官アンジュリオ・ブラッディスからの依頼を受ける。それは賊達が所有していた機兵の生産元である、オドネイルの軍事企業への立ち入り調査の立ち合いだった。しかしオドネイルには数年前から兵器関係の施設をターゲットに目撃者も生存者もない『悪夢』と呼ばれる奇怪な襲撃事件が発生する事で知られており、上級のクエスターですら受注を躊躇するほど恐れられていた。そんなクエストを受注させられる事になった一行は無事にクエストを完遂できるのか?

第三節

オドネイルの機兵工場の『悪夢』から生還した一行の下に、新たにプリーストのクリスチャン・ジミー・クリケットがクエスターズ・ギルドに参加すると言う話を聞く。しかし一行の下に届いたのはゴブリンをはじめとするクリーチャーの集団による襲撃の報であった。まだ知りえぬ仲間の為に、一行は襲撃場所である峡谷の街道へ向かう……。

第四節

ある日オドネイル南東部の旧鉱山にて突如モンスターが突如発生、その原因を調べてほしいと言うサンダルフォン社からの依頼を受けたクエスター一行はマンサイド・ドッグバーン率いる調査隊と共に旧鉱山に入る。道中でモンスターに襲われつつ一行が辿り着いた場所には、とうの昔に掘り尽くされたハズだった巨大な魔鉱石が埋まっていた。そこへ襲来するは巨岩の大蛇・ジガリスク。堅牢な甲殻にほとんどの攻撃が通じず苦戦する中、魔鉱石の付近に来ていたレアン・シュタインはその中に何者かが封印されている事に気付く。レアンの必死の呼びかけに応じるかのように魔鉱石は砕け、その中にいた1機のエルロイドの少女が目を覚ます…。

第五節

ミリスティア・デアフリューゲルとマット・ソルエルヴは、最近になって突如凶暴化したクリーチャーの鎮圧をクエストとして依頼されてそれを遂行した。辺り一帯のクリーチャーも駆逐した矢先、角を生やし竜と思われる尾を生やした少年を遭遇。そのままガーゴイルの群れとヘルハウンドと交戦状態に陥り絶体絶命の危機に陥るも、少年……エリネオール・ドレッセルの覚醒をきっかけに窮地を脱する。彼とその母親……コルネリアス・ドレッセルを保護した一行はGGマスターの代行として駆けつけてきたクリスチャン・ジミー・クリケットからドレッセル母子を保護する意向が伝えられた……。

最終節

プレアディスでの賊の討伐からオドネイルの『悪夢』までの事象に遂に一つの答えが出た。「エールに還る」……非常に似た教義を持つプレアディスの『グラン・エール教』とオドネイル軍駐留部隊への物資補給を引き受けていた企業が所属するオドネイルの『軍需産業理事会』。この繋がりえない2つの組織を繋げ、世界を混乱に陥れる者達……『ゴエティア』は前皇帝の尽力を以てしてもいまだに世界に存在し続けていたのだ。
一行に向けさらに話を続けようとしたところ、再び『悪夢』とブランシュヴァルで相見えることとなる……。