第二章:世界


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第一節

ノース・プレアディス大陸の某国にて、クエスター達は派遣先で種族間の差別に苛まれながら警備のクエストについていた。そんな中、見慣れない長剣を帯び覆面した、金髪の人物と遭遇する。その人物は一行をクエスターと確認するとこう語りだした。
“私はエリュシオン・エル・プレアディス。かつての皇帝にして、今もなお人々の心に希望を抱く者だ”


第二節

グルヴェイグ・グループの系列企業を通して要人護衛の依頼を受け、レアン・シュタイン等クエスター一行はノース・オドネイル大陸におかれたオドネイルの首都『ブラックタム』に赴任していた。ブラックタムの摩天楼に圧倒される中、紫色の髪をしたノエルの女性に声を掛けられると流されるままにカフェに連れて行かれる。
しかし女性との会話の中で、突如右腕をマントで隠した狂暴なビースチャン……ロウリィ・ウルフに襲われる。狡知を合わせたロウリィの暴力に次々とクエスターが倒されていく中、オドネイルのクエスターチーフ……ヴァイル・バドマンの機転により緊急に派遣されたラヴィ・サンセリオ達増援の健闘もありロウリィは撤退する。事態に巻き込まれたノエルの女性を保護する中でフリントスが尋ねる。
“マリー・グルヴェイグ汎オドネイル議会議員、それとも軍需産業理事会理事サマってお呼びしたほうがいいか?”

 

第三節

 

第四節

各支部のクエスターズ・チーフ達の提案によりクエスター達の異動が行われる。その内のプレアディス圏からオウメイ圏……オーマツリック支部への異動は、他種族への苛烈な弾圧が続くプレアディス圏内での異動ではなくオドネイルを経由した、海路での移動が行われた。オウメイ圏に入りその内の興業国家シンホウフの領海にさしかかった夜、彼等は貨物船に偽装したゴエティアの実行部隊からの襲撃を受ける事に……。

第四節外伝

 

第五節

プレアディスから派遣されたプレアディスの外交使節の接待の為に、オーマツリックにて祭事が行われる。クエスターズ・ギルドからも祭事の警護の為に多くのクエスターが派遣されたが、その中にはロウニンと名乗る不精なクエスターもいた。祭事の最中に起こった賊による爆破行為から、祭事は徐々に戦へと変わって行く。市街地にはクエスター等に擬態した幻影兵が現れ、クエスター達はその術者の発見の為に奔走するが……?
“さぁ、始めようか。オレ等の祭りをよ……”

第五節外伝