トロルMk-Ⅰ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

全長:3.6m
重量:12t~
種類:クリーガータイプ
搭乗員:1名
動力機関:オレンライト鉱石溶解燃料による蒸気機関
設定
プレアディスとの開戦に積極的な陸軍からの要望にこたえてグルヴェイグ・インダストリーで開発されたトロル級重機兵の正式採用型。
機体の各所に超振動を発生させることで魔術や物理・光学に及ぶ様々な攻撃を相殺する『超振動装甲』を装着しており、重厚な見かけ以上の防御力を誇る。また関節部には大型モーターを搭載した新型のものを採用しており、これによりゴブリンタイプやボガードタイプでは使用できない高重量な武装を使いこなす。
機兵全体に当てはまる特徴だが、コクピットに直結された副腕から大型の主腕を操作する形式にっている。主腕が破壊されても副腕だけで戦う事も出来るが、逆に副腕が破壊されてしまうと主腕を操作する手段を失ってしまう。また本機は運動性を向上させる試みとしてつま先立ち機構を採用しており小回りが利きやすいが、機兵と言う兵器自体の問題だが操縦時のGなど操縦者にかかる負担が大きく順応には専門的な訓練を要する。

武装
ビッグバズーカハンマー