プレアディス皇国連合


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 国家体制:君主制
     
  • 現皇帝:ヴァルハイト・エル・プレアディス
     
  • 首都:サウスプレアディス・浮遊都市『アナザヘヴン』
     
  • 民族構成:人口構成の3割をエルフが占め、残りを主にヒューマンやノエル等で構成されている。かつて強硬な排斥活動があった為か、ビースチャンの数は非常に少ない。
     
  • 生活様式:中世北欧風。魔術の普及によって裕福で便利な生活環境を謳歌しているが、現皇帝の方針によりエルフ以外の種族に対する搾取や懲役、反発者への弾圧が行われている。
    主な移動手段は馬や馬車。エールにより運転する船や数頭の飛竜によって浮上する飛行艇等の移動手段もあるが、他種族の逃亡を防ぐため運航についてはある程度の制限がかかっている。
     
  • 軍事的特色:高位階の魔術を放つ魔道士による殲滅戦や飛竜騎士・天馬騎士による空中からの奇襲戦法。エルフ以外の種族では重歩兵や騎馬兵など、エールを扱えずとも従事できる職業が用意されているが常に前線に立たされるため消耗率が激しい。
    組織としては「北方皇将」・「西方皇将」・「東方皇将」・「南方皇将」が統治するそれぞれ4つの大軍を、皇帝が統帥権を持つ形になっている。
     
  • 通貨:エウロ(1エウロ=0.1ドゥール、100オウカ)
     
  • 国家体制
    ・宰相:ヘヴンスフィール・エル・ヒュプノス
    ・四方皇将
     北方皇将:ガルディア・エル・シュタイン
     西方皇将:マイヤーズ・トラディション・エル・ウォーロック
     東方皇将:
     南方皇将:
     
  • 設定
    ノースプレアディス・サウスプレアディス大陸に跨って構成された、元首国家であるプレアディスを中心とした国家連合体。建国当初からエルフ至上主義の思想が強く、エルフ以外の他種族は前皇帝の施政まで虐げられてきた過去がある。このため亡命者によって建国したオドネイルとは三界同盟を結んでからも深い禍根が残っている。
    エルフの高い魔力と知力によって魔術が非常に発達しているが自然環境の破壊を強く嫌悪している為、工業技術に関してはオドネイルやオウメイに大きく水をあけられている。しかも前皇帝が他種族へ魔術の応用技術を解放するまでは、エルフ以外の他種族は質の低い生活を強いられてきた。現在ではエリュシオン・エル・プレアディス前皇帝の方針によって所属国家によってはオドネイルの工業品を解禁しているが、同時に環境破壊を極力減らすために極端な環境規制が敷かれており例えば機兵はオドネイルの4分の1以下の性能に下げられるほどの出力制限がなされている。