ブランシュヴァル騎士公国


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 国家体制:騎士による君主制
     
  • 現騎士王:ヒューガルデン・パラ・ブランシュヴァル2世
     
  • 首都:王都『アルトリア』
     
  • 民族構成:エルフによる選民思想が強いプレアディス圏の中では非常に珍しく、ヒューマンやノエル等他種族の割合が多い。但しビースチャン等特殊な種族はその限りではない。
     
  • 生活様式:プレアディスに準拠。但し名馬が特産品でもあるため、馬を用いた交通手段が多い。
     
  • 軍事的特色:白銀の甲冑と精強な騎馬による突撃・蹂躙戦法が中心。また魔道具や魔道剣が解禁されてからは、それらも積極的に導入されるようになった。
     
  • 通貨:エウロ(1エウロ=0.1ドゥール、100オウカ)
     
  • 国家体制
    四騎聖
    『白銀』:ゼスティオン・パラ・アップルボック(筆頭騎士兼宰相)
    『金剛』:ファーゲル・パラ・カールスバーグ
    『紅玉』:ルイス・パラ・シュタイン
    『翡翠』:アルファレ・パラ・ヴェルテンブルグ
     
  • 設定
    ノースプレアディス大陸でも北部に位置する、プレアディスに所属する国家群の中でも中規模な国家。エリュシオン・エル・プレアディス前皇帝の認可を受けて建国されたため国家としての歴史は浅いが、種族的にエルフ優位なプレアディスとしては非常に珍しくヒューマンによって統治されている。その所以からか、ヴァルハイト・エル・プレアディスの代となる現在では他のプレアディス所属国からも快く思われていない。
    この国の支配階級……騎士は権力と武器を持つ騎士が国家や弱者の為に尽力する『ノブレス・オブリーシュ』を標榜しており、また選民思想の薄い国風から他国からの移民も積極的に受け入れてきた。軍事態勢としても他国の一般兵に相当する従士と騎士によって構成されており、その中でも特に騎士としての技量・人格・将器に優れた4人の騎士を『四騎聖』として軍の上層部に据えている。但し軍事・行政共に最終的な決定権は騎士王と呼ばれる最高権力者にゆだねられており、『四騎聖』は王に誤った判断を犯させない為に代々その筆頭騎士が宰相を兼任する事になっている。