ミリスティア・デアフリューゲル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

種族:ヒューマン

年齢:21

性別:女

身長(cm):164

体重(kg):59kg

3サイズ(B・W・H)(必要な場合):B:87(E) W:56 H:84

職業:ドラゴンライダー

所属組織:クエスターズ・ギルド

イメージ声優(必要な場合、主演作品など):高垣彩陽
【『機動戦士ガンダム00』(フェルト・グレイス)、『true tears』(石動乃絵)、そらのおとしもの(五月田根美香子)、機動戦士ガンダムAGE(デシル・ガレット〈第1部〉)など】

ステータス

格闘
射撃
魔力
統率
技術 +2
耐久力
知力
潜在
騎乗 +1
機動
協調性

※青文字はドラゴン搭乗時のみ

ユニークスキル:ドラゴン・マム(ドラゴン搭乗時、技術+2。更にエクスシアに騎乗時のみ、エクスシアの知力・協調性+3)

スキル(条件に合う物を、最大3個(NPCは4個)まで):ドラゴンライダー・ブリーダー

設定
GGマスターの推薦によって最近クエスターズ・ギルドに参加したドラゴンライダーの女性。翠色の髪が特徴的で控え目で大人しい性格であるが面倒見が良く献身的で、特に飛竜に懐かれることが多い。 なお、そのバストは豊満である。
エリュシオン・エル・プレアディス前皇帝の代に大戦によって激減した航空戦力の担い手をエルフ以外の種族から募る『エインフェリア構想』によってドラゴンライダーとして引き立てられた。他のライダー達と比べ自身の戦闘技術は劣っていたが、飛竜とのコミュニケーション能力や操縦技術に関しては本家エルフにすら追随するほど優秀だった。
そんな一面を見抜かれて前皇帝直々に飛竜エクスシアを託され、信頼関係を築いていった。ヴァルハイト帝の代に移り変わると他の『エインフェリア構想』のライダー達と同じように僻地へ冷遇・放逐される ……筈だったがGGマスター直々のスカウトによってプレアディス軍からの出向と言う形でクエスターズ・ギルドに参加した。

小ネタ:

創作者:ファンミス提督