エクスシア


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

種族:ドラグリッド(ガグルイユ)

年齢:5

性別:♂

全長(cm):(人間時)142(竜形態時)1628(全高600~650)

体重(kg):(人間時)35(竜形態時)3600

3サイズ(B・W・H)(必要な場合):

職業:―

所属組織:クエスターズ・ギルド

イメージ声優(必要な場合、主演作品など):山本和臣
【機動戦士ガンダムAGE(キオ・アスノ)、銀河機攻隊 マジェスティックプリンス(クレイン)、Another(望月優矢)など】
 

ステータス

格闘
射撃
魔力
統率
技術
耐久力 +1
知力 +3
潜在
騎乗
機動
協調性 +3

※青文字はミリス騎乗時のみ

ユニークスキル:輝竜覚醒(???)

スキル(条件に合う物を、最大3個(NPCは4個)まで):飛行可能・リーダー失格(マイナススキル)(残りは考え中)

設定
ミリスティア・デアフリューゲルにしか乗りこなせない、額と尻尾に大ぶりな角を生やしたやや大型な碧色の飛竜。ライドバーンと比べ戦闘力・飛翔力・航行能力がいずれも圧倒的に優れており、額と尻尾の先端から生えた衝角から放つ雷撃が主な攻撃手段である。
元々はエリュシオン・エル・プレアディス前皇帝の座乗竜となる予定で、前皇帝直々の指名によりミリスティア・デアフリューゲルに託された。彼女の献身と包容力の高さにすっかりなついて行き、主従以上に親子の様な関係を築いていった。
そしてクエスターズ・ギルドに配属されてからある日、翠色の髪に額から小さな角の生えた愛らしい少年の姿に変化してしまう。この特異な現象によってエクスシアはドラゴンからドラグリッド……触れ得ざるモノ達としての性質も獲得した。

使用技一覧
ショット:額の衝角から雷撃を放つ。背後の動力部を狙えば機兵を倒せる程度の威力を持つ。
     クエストごとの使用回数:∞

ブラスト:空間すら切り裂くほどの強力な雷撃を放つ。強力な一撃故にそう乱発できる技ではないが、この技が必殺の一撃だと言う事は誰の目にも明らかである。
      クエストごとの使用回数:1

スラッシュ:強力な雷撃を額や尾の衝角に纏い、斬りつける。機兵はもちろんジガリスク等堅牢なモンスターの甲殻すら両断する出力は、ドラゴンの特権と言えるだろう。
       クエストごとの使用回数:1

フラッシュ:衝角に纏ったエールを発光させ、広範囲にわたる生物の視界を麻痺させる。目を閉じても見えてしまうほどの強烈な閃光を直視した日には、即時気絶も免れないだろう。
       クエストごとの使用回数:1
 

小ネタ:

創作者:ファンミス提督