【マスター】浅野學峯
【出典】暗殺教室
【性別】男性
【マスターとしての願い】
勝利し、自分の教育方針が正しいと言うことを証明する
【weapon】
『空手など武芸一般』
ちょっとした師範を倒すくらいには強い。

【能力・技能】
『強者の話術』
三秒で人を憎悪の塊に変える巧みな洗脳術を持つ。
學峯に憎悪を呼び起こされた人間は、
バーサーカーじみて感情が固定され脳を限界まで酷使する。
その他、交渉も得意。

『教育能力』
もはや人外の域に達している。

【人物背景】
「暗殺教室」の舞台、椚ヶ丘中学校の理事長。
徹底的な合理主義者で、多数の強者が少数の弱者を貶めることで
強い生徒を作り、全体のレベルを向上させると言う教育方法を取っている。
本来は「生徒のいいところをのびのび育てる教育」を掲げて理想を追い求めていたが、
そうして育て上げた優しい生徒がいじめを苦に自殺したことで、
「社会で生きていける強い生徒」を育てることこそが正しい教育であると思想を歪めてしまった。
今の自分では叶わない強者と相対しても決して負けを認めず、
その強者をじっと観察し続けて学習し、必ず最短距離で踏み越えていく。
学習能力、政治能力、支配能力の全てに優れているが魔力があるわけではない。

【方針】
鎌倉市の市長となり町を支配し、すべてのマスターをじわじわと追いつめて勝利する。
物語開始時点でバーサーカーのハッキングにより
市議会の一員と学園の理事長になっており、その影響力は強い。

|