【クラス】
セイバー


【真名】
藤井蓮@Dies Irae-Amantes amentes-


【ステータス】
筋力C 耐久B+ 敏捷A 魔力A+ 幸運D 宝具A+


【属性】
混沌・善


【クラススキル】
対魔力:A
A以下の魔術は全てキャンセル。事実上、現代の魔術師ではセイバーに傷をつけられない。


騎乗:E
騎乗の才能。大抵の乗り物なら何とか乗りこなせる。
セイバーは騎乗に関する逸話が皆無であるため最低限のランクとなっている。


【保有スキル】
エイヴィヒカイト:A
永劫破壊とも呼ばれる、人の魂を糧に強大な力を得る超人錬成法。セイバーはそのエイヴィヒカイトにより魔人となっている。
本来ならばこの存在を殺せるのは聖遺物の攻撃のみだが聖杯戦争では宝具となっており、彼を殺すには宝具の一撃が必要となる。
また、喰らった魂の数と質に比例した命の再生能力と肉体強化の効果があるが制限されており、魔力消費を伴う超再生・魔力放出としてスキルに反映された。
Aランクに達すると己の渇望で世界を創造する域となっている。


戦闘続行:B
瀕死の傷でも戦闘を可能とし、決定的な致命傷を受けない限り生き延びる。


仕切り直し:B
戦闘から離脱する能力。
また、不利になった戦闘を戦闘開始ターン(1ターン目)に戻し、技の条件を初期値に戻す。
黄金の獣が支配する牙城から逃げおおせた逸話が昇華したもの。


神殺し:EX
神性スキルを持つ者に対し、有利に行動できる戦闘スキル。
戦闘中におけるあらゆる判定で有利となり、攻撃が命中した場合に追加のダメージを与える。このスキルは相手の神性ランクが高いほど効力を増す。
覇道の神格たる水銀の蛇を滅殺した逸話が昇華したもの。


【宝具】
『戦雷の聖剣(スルーズ・ワルキューレ)』
ランク:B 種別:対人宝具 レンジ:1 最大捕捉:1
エイヴィヒカイトの第二位階「形成」に届いた者にしか具現化出来ない。神話の戦乙女の剣を模した細身の宝剣であり、フリードリヒ三世の宝物として厳重に保管されていたため、信仰によって聖遺物の領域へ達した。


『超越する人の理(ツァラトゥストラ・ユーヴァーメンシュ)』
ランク:A 種別:対人宝具 レンジ:0 最大補足:1
水銀の蛇により用意された神の代行者であり、エイヴィヒカイトの唯一にして真の後継者。セイバー自身が生きた聖遺物であり、彼の肉体そのものが宝具となっている。
セイバーは自身の創造主によりあらゆる聖遺物を行使できる権能が付与されている。故にセイバーはこの宝具のランク以下のあらゆる宝具を手にした場合には十全に扱うことが可能となっている。ただし、サーヴァントそのものが宝具であったり、実体が存在しない宝具に関してはその限りではない。


『死想清浄・諧謔(アインファウスト・スケルツォ)』
ランク:A+ 種別:結界宝具 レンジ:1~99 最大捕捉:1000
エイヴィヒカイトの第三位階、自身の渇望の具現たる「創造」能力。
元となった渇望は「死者の生を認めない」。発現した能力は「死者・不死者などの【生者ではない存在】を消滅・弱体化させること」。ここでの死者には当然サーヴァントそのものも該当する。
レンジ内に存在するあらゆる死者に適用され、ステータスやスキルの効力が低下し継続ダメージを受ける。低下の度合いやダメージ量は例えば死徒のように死者としての属性が強いほど増していく。
ただし、この宝具を使用するセイバー自身もまた彼の忌避する生ける死者であるため、この宝具の展開中は常に肉体が自壊していく。また死者の生を否定するという法則故にこの宝具の範囲内で死亡した場合はあらゆる蘇生手段が無効化される。
この宝具は逆に言えば真っ当な生者に対しては何の効果も発揮しない。多くのマスターや、生きたままサーヴァントになったような例外存在には無害と言えるだろう。


【weapon】
戦雷の聖剣(スルーズ・ワルキューレ)


【人物背景】
Dies Iraeの主人公。その実態は人間ではなく、とある超越者によって創造された「生きた聖遺物」。
基本的には争いや揉め事を厄介がる平和主義者だが、彼の場合は常軌を逸しており何も変わらない日常を永遠に過ごしたいというちょっと頭がおかしい思想を持つ。
「失ったものはもう二度と戻らない」「失って戻ってくるものに価値はない」など独特の価値観を持ち、それは宝具たる創造の発現にも関わっている。
今回の彼は螢ルート終了後から参戦。神格となってメルクリウスを殺害した逸話こそ持つものの、状態としては神格となる前で固定されている。
ちなみにこのルートだと剣技の腕前は櫻井戒と同等レベルまで上達しているらしい。


【サーヴァントとしての願い】
彼は死者の願いを聞き入れない。そしてそれは、当然ながら自分自身にも適用される。
同時に彼は生者のことのみを考える。故に、アイを元の世界に送り返すまでは無様を晒すつもりでいる。

|