非公開歌詞保管サイト@Wiki 永遠(とわ)の花

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

淡く咲いた 花の香を
残し 季節は過ぎます
雨もあがり 空に雲
青い風が そよいでる

今日 明日とふたりが
歩く 時の傍らで
変わらずに ゆれている
思い出が あります

永遠を 永遠を
咲いても 枯れない
この胸の ときめきは 尽きない
誰よりも 誰よりも
あなたを 見つめて
果てしなくこの気持ち ずっと…


あの日 二人 出会ったのは
世界中で 幾度目に
おきた奇跡 なのでしょう
誰に感謝 すればいい

ああ あなたの未来が
きっと私には 似合うと
そう 言えない夜もある
泣きそうに なるけど

永遠を 永遠を
咲いても 枯れない
この胸の ときめきは 尽きない
誰よりも 誰よりも
あなたを 見つめて
果てしないこの気持ち ずっと…