非公開歌詞保管サイト@Wiki 明日への涙

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

あの星は同じ瞬(またた)きで
変わらずに私を見て
退屈な夢を嘆き伏せた
横顔をそっと照らしてた

 明日には小さな荷物背負い
 荒野を飛び立つ鳥になるから

  向い風の中 向かう場所はまだ
      (顔上げれば 遥か遠くて…)
  いつか辿り着く 星になれる
  まつげに滲(にじ)んだ 雫をなびかせ
      (溢れそうな 思い乗せて…)
  決して終わらない旅を 続けにゆくよ

大切なものが多すぎで
一人では選べなくて
降りそそぐ孤独 夕暮れ時
意味のない会話にすがった

 明日には本当の私に会い
 荒野に駆け出す風になるから

  浮かぶ夢の中 歌う星達は
      (追いつけない 時の中で)
  永遠の空をまわっている
  頬に落ちた粒 指で弾いたら
      (零れてゆく 夢の欠片)
  風に舞い上がり 碧(あお)の光に変わる

  明日にはちぎれた羽を拾い
  荒野にはばたく鳥になるから

   向い風の中 向かう場所はまだ
       (顔を上げれば 遥か遠くて…)
   いつか辿り着く 星になれる
   背中を押すのは 小さなこの手と
       (辿り着いた 見つけた答え)
   大空に投げた夢と 明日への涙

       (頭上げれば 遥か遠くて…)
       (溢れそうな 思い乗せて…)
       (追いつけない 時の中で)
       (零れてゆく 夢の欠片)