非公開歌詞保管サイト@Wiki 冬の花

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

吐息が白く煙る朝にも
降りやまない冬の花に目覚める
ねぇ 憶えてる?
はじめて手をつないだ季節も
同じ空の色だった

どんなに凍えそうな夜も
あなたのとなりにいて
あたたかい気持ちになれたの
長い夜を越えて


透きとおる風の中にたたずみ
揺れている波の声に心預ける
言葉にできないもどかしささえ
すべてわかってくれたよね

ふたり 刻んだ時間(とき)の中で
輝き続けるものを

この胸にぎゅっと抱きしめて
明日の力にして

あなたが大切に思う
かけがえのない夢を
あきらめないで 信じていて
私はここにいるよ

降り積もってく雪のように
あなたを想っている
やがて春の陽射しの中で
きっと微笑んでいて

つよい何かに負けないように
つよくあり続けたい
どんなときも輝いていて
冬の花のように
真直ぐ空を見上げ