非公開歌詞保管サイト@Wiki 海鳴り

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

飽きることなく今を過ごした 思いを込め
未来は遥か彼方 思い出話のよう

時にすがる 窓の向こう
工場跡の広場ももうない

海鳴りが聞こえたよ どんなことを話そう
君が目を閉じるまでの短い時間
影さえも残さず流れてゆく勇敢を
かけがえない思い出へといつか繋げるか

飽きることなく今を紡いだ 思いを込め
未来はは遥か彼方 夢物語のよう



冬が終わる 窓を開けた
古い屋根だけ水に光ってた

海鳴りが聞こえたなら浜を目指そう
どんなわがまま言ってもいい叶えるから
僕たちが捨てては流してゆく情感を
かけがえない思い出へといつか繋ぎたい

飽きることなく今を愛した 思いを込め
未来は遥か彼方 一面の雪景色