タイという南国の観光としての魅力


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

タイは最近テロなどがあり、ちょっと不安な要素があるものの、基本的には穏やかな国で微笑みの国とも呼ばれているところです。タイのGDPの1割は観光業であるということで、観光業は盛んであり、バンコクをはじめ、アユタヤ、そしてチェンマイは象のリで人気ですし、他にもリゾート地ではパタヤやプーケットなどがあります。タイはビーチが多くしかも景観がよく海がきれいであることから、クラビは映画の撮影で有名になりましたし、サムイ島やマレーシアに近いところではリペ島はタイのモルジブとも呼ばれるほどの美しい景色となっています。 このように観光できるところがたくさんあること、そして物価が安いこと、そしてホテルの質がよいのに安いということで欧米を中心に人気となっていて、かなり長期滞在をする人たちは珍しくありません。そのような中で日本でもやはりタイというのは気楽にいけるところであり、アジアン雑貨の買いもの天国でもあります。いつも夏なので服装は薄着で十分ですし、フルーツはおいしい、そしてスパイシーな料理は刺激的でとても変化に富んだ味付けがまたとても楽しく興味深い経験となるのです。タイはこのように観光がビジネスでの大きなものとなっているのはうなずけますし、それだけ多くの人が訪れたいと思うような国なのです。

ブリキ