※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

露講座スレより引用

失敗例をいくつか。

「PCを叩くつもりで露したけど、叩けそうなPCが陣にいなかった。
 その時、迷ってつい陣の中で立ち止まったら 武将が釣れてしまった。」

駆け抜けたときより、立ち止まったときの方がNが飛んでくる率が高い気がします。なんとなくですが。
《解決方法》
 ・陣の中には入らない・中で立ち止まらない。
 ・叩けるPも釣れるNもなかったら、無理に仕事しようとしないで帰ってしまう。
 ・絡まれる距離を把握する(低レベルになればなるほど絡まれやすい)

「Pを叩くつもりだったけどなかなかカーソルが合わず、間違えてNを叩いてしまった」

 (操作方法によって原因が変わると思いますが)
ターゲット設定が通常になってるのが原因かと思います。
《解決方法》
 ・ターゲット設定を「対人」に変更する。
 (メニュー→機能→操作設定→ターゲット種類設定 で対人戦にチェック)
  あとはEndキーで切り替えれば敵PCだけをターゲットできます

     鈴木が語る露のあれこれ
     ・露をするという事
       露の目的は武将徒党を無事に送り届けることであり、
       自分が徒党に入った場合を想定した武将取り付き予行演習の場である。
       Nを釣る、防衛PCを叩く事は目的を達成するための手段です。
       まずはそれを念頭においてみましょう。

     ・出発前之心得壱
       まずはルートの確認。道がわからなければ露どころじゃありませんね。
       徒党毎によってはルートの解説をしてくれる場合もあるので、心静かにルートを
       聞きイメージしましょう。
     ・出発前之心得弐
       怪我か否かを周囲に宣言し他の露と行動をすり合わせましょう。
       (ex.怪我なのでNつります。敵PC叩きます等)
     ・出発前之心得参
       姿を消せる場合は極力消えましょう。消えていれば見えてない敵には叩かれません。
       叩かれない分それだけ陣に肉薄できます。
       神職が露仲間にいた場合はお願いして消してもらうのもいいですね。
     ・出発前之心得四
       ターゲット設定を「対人戦」に設定します。詳細は上で一之瀬さんが説明してくれてます。
     ・出発前之心得五
       いよいよ出発です。徒党からカウントが始まります。歩兵は2、騎馬兵は1
       で出発する事をオススメします。理由は徒党よりちょっぴり早く進んでNを釣り、
       かつ徒党と大きく離れない事により敵のターゲット取りをかく乱するためです。
       ※弓兵、鉄砲兵での露は速度が遅くなる事を頭に入れて置いてください。

     	・露之走法・入門
       走行中は主観で走りましょう。Nを振り切れる可能性があがります。
     ・露之走法・PC叩き
       PC叩き職人の見せ場です。敵PCを叩く場合はなるべく徒党を組んでいる
       敵を狙いましょう。
       装備無しでこちらを警戒してる敵はみんな見えているものと判断して
       差し支えありません。片っ端から叩きましょう。装備を着込んでいる敵は
       見えているけど叩いてこない可能性が高いので、裸の敵が優先されます。
       神職、薬師、陰陽師は要警戒です。
     ・露之走法・N釣り
       N釣り職人の晴れ舞台です。理想は武将以外の全てのNを釣る事ですが、
       武将を釣らない、釣ったNPCを味方の方まで連れて帰らない。
       この2点に注意しましょう。
       自分のレベル、そして敵武将のレベル、向いている方向を考慮して
       どこまで陣に迫るかを瞬時に判断してください。
       自信が無い場合は陣に入らないのが吉です。
       ※N釣りに関しては通常の狩りで相手と自分のレベル差により
        釣れる距離釣れない距離を普段から意識して身に付けて行くと
        良いと思います。
     ・露之走法・応用
       敵PCもおらず、NPCも釣れずに生還する事がありますがそれは恥では
       ありません。次の露にすぐ行けてラッキーと前向きに考えましょう。
       N釣りたいがために定刻のカウントを無視し抜け駆けする若武者がおりますが、
       カウントを合わせて徒党につかず離れずというのも役目という事を覚えておいて
       ください。
     ・露之走法・極意
       色々経験を積んで自分なりの方法を身につけてください。
       極意は露の数だけあるかもしれません。


 露でのテクニック。というほどではないしのですが、
私は馬で露をするときのことで、コマンドメニュー?
「突撃」にカーソルを合わせたまま走っていくことが多いです。 
 陣内に限らず主用な通過場所、例えば門、要所となる坂などは、
マゲ狩りやそれを狙っての徒党なども集まりやすく
PVPなどで敵PCがもう、凄い数になってることなどがあります。

 そういうところを通らなければならないとき、
徒党の通過率を少しでも上げるために、またはそのような場所で
戦っている味方PCを援護する意味もかねて、
「突撃」を敢行することがあります。
勿論、露している人の数が余裕があるときに限ってですが、、、。
 
まさに「ここは私に任せていってオクレ!」という感じで結構好きです。
まあ、、不発におわることもあるんですが、、;;
 
 特にこれが効果があるのは狭い敵陣内で待機してるpcに対してです。
逃げ場がないからけっこういい感じでぴよぴよしてくれます。

 これは、妄想なんですが、突撃されたpcなどが焦ったりして、
こちらの武将徒党で割れた人がでたときなども、逃げ>遅れてイン。
する時間が稼げたり出来ないかなーとおもいます。

●露の装備について(^-^

何度も何度も露で走ると、装備ははげしく壊れます。
でも、だからといって裸というのもちょっと…
という方にオススメなのが、耐久0%になってしまったお古の 装備。
それから、前哨戦で貸与される装備。

どちらも、いくら壊してもココロも財布も痛みません。

1-2戦なら、0%でもうまくすれば壊れませんよ^-^

また、避けることに自信のある方、華麗に逃走してみたい方は、
生産用にもってる器用装備もオススメです。

今回の小牧山で良かった事を一つご報告させていただきます。
通常、露払いは武将まで釣るのはNGと言われておりますが、
最近は武将まで釣ってる事が多いです。

理由は、三国同盟の防衛が非常に堅固であることです。
防衛していれば思われる方もいらっしゃると思いますが、
陣の前の方に待機していると敵露払いに叩かれてしまい、武将徒党を
取り付かせてしまう恐れがある為、武将と重なって防衛する人、
陣深くに待機している人が多いです。

そこを逆手にとって露払いが陣前まで武将を釣ってきて、
武将徒党に叩かせるというテクニックも生きてきます。
実際にこの方法で後陣大将副将同時取り付きという事が数回ありました。

取り付きルート~陣の見通しが良くないと難しいのと
武将を叩くスキルがある人が武将徒党にいる事が条件ですが、
敵防衛がキツイ現状としては一つの作戦だと思います。

ですから、出発の前に武将釣りの有無を確認されるのもいいんじゃないかな~
と思いました。

小牧山遠征お疲れさまでした。今合戦中、何度か武将にいかせていただきましたが
そのなかで一つ。最近は露が武将を釣ることを見越して武将を正面にしている場合が多く見られました。

実際露をしてくださる方がオートで走っているせいか、陣に突っ込み武将を釣ったまま
陣の奥端、或いは手前の端に動かしてしまうケースが何度も見られました。
正面やサイドからの取り付きなら多少の修正も効きますが、陣幕があり回り込み奪還型
の要害だと一瞬探してしまい、その一瞬にPに叩かれたりNに襲われたりして取り付きが
失敗するケースも見受けられました。

武田側は人手が若干足りず露・防衛共にきつい状況でありましたので、なるべく取り付き
の精度を上げ、一回一回の武将打倒率を向上させる必要があります。
馬が武将と重なって待機している場合も多いですが、武将にいく方は木杭を装備して
混乱させられる確率を下げ、露の方は陣に入らず武将釣りを控えていただく
本来のやり方の方が良いように感じました。

活戦会のほうで出ていた、露での武将釣りについて~

露での武将つりとは、簡単に言いますと、
本来は入らない陣内にあえて突っ込んで、露が武将をつり出し、
武将徒党に叩かせるテクニックのことです。
織田の徒党が時々やってたのは見ました。

私もこれに関しては、有効性と危険性のどっちもあると思っております。
ですので、露の自己判断ではやらずに、
実際に武将と戦闘される武将徒党さんと事前に打ち合わせされてから、
釣るか釣らないかを決めたほうがよいかと思います。

徒党のほうが
・武将を叩くことにあまりなれていない。
・ラグの発生しやすい環境でプレイしてる

という場合には、素直にやめたほうがよいと思います。

で、やる露のほうですが…

・武将を釣ったら自分は別のNPCかPCを即座に叩くこと
・釣ったら陣外に出ない

あたりが大事かと。

自分が武将と戦闘に入らないようにするのと、
釣った武将があらぬところに行かないようにするのが肝要です。
陣外に武将を釣ってしまって、
敵pcにとんでもないところに固定されてしまっては目も当てられません。

武将徒党の侵入ルート上に、武将が出てくるよう走れれば最高です。

どのぐらいまで陣内に侵入したら武将が反応するかは、
レベルにもよりますので、
これにチャレンジなさる方はソロで陣に突っ込んで試されるとよいかと思います。

今回参戦していて、武将が動いてしまって徒党が叩けないことがかなり
あったように感じましたので

武将釣りに関しては、自分は今回何回か武将に行った感じでは
例えば青山、高力の時など、完全に武将が陣外に出てしまって見失ってしまった。
ってのが数回ありましたのであまり釣るのはおすすめしないかな^^;

自分が高力の場所へ走っていったら、高力さんすっとんで行ったまでは見えたけど
追いかけようとしたら別のNに絡まれ戦闘、ってパターンです

もし武将釣りする場合はあらかじめ宣言してもらえると助かるかもしれません。