※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

禁断少女2レスSS

もうこんな時間か。
「…し…~…
 ……ま……ん」
隣りのヤツこんな時間にビデオでも見てんのかな?
寝るか。

「………い~……て~」
かすかに人の声がするような気がする。
冷蔵庫の方からか? 確かめてみるか。

「う~ 気付いてよ~ 助けてよ~
 しくしくしくしく……」
冷蔵庫の後から女の子の声がする。 どうやって入り込んだんだ?
「誰だ? 何やってんだ?」

彼女の話によるとなんでも禁断少女とかいうもので、出てきたところがそこだったらしい。
冷蔵庫の中身を出し、冷蔵庫を手前に引っ張り出してご対面。
うん。 メイド服だ。 華美すぎない点でみんな納得のメイド服だ。
銀髪を腰くらいまで伸ばした女の子がメイド服に身を包み、半べそをかき、膝を抱え、
少し鼻を垂らしながらこっちを見上げている。 顔はかなりかわいい。
胸も……結構あるな。 とりあえずティッシュの箱を差し出す。
「あ、ありがとうございます~
 わたしは、あの、禁断少女なので、も、もしよろしければ、エッチなどを、
 ふつつか者ですがその、初めてなのでよ、よろしくお願いします」
といって頭を下げる。 つむじが見える。 銀髪が綺麗だ。
こちらこそとつられて頭を下げる。
野菜だの卵だのが床に並ぶ中で正座して頭を下げ合う二人。 う~ん変な光景だ。
「では、とりあえず~……あーーーーー! 時間が! あと、さ三十秒しかないーーー!」
「なにーーーーーー?!!」

 
「また会えるかな?」
「は、はい。 その、私のことを想像してもらえれば、きっと。
 えっちなお姉さんを~とか、大和撫子を~とか想像されますと、私ではない方が
 出てこられると思いますけど、出来たらでいいんですけど、わ、私を呼んで頂けたら~
 その~嬉しいかな~と思っていたり」
「うん。 君を想像する」
「ありがとうございます~。 私一人だけを~とか、浮気してほしくない~とか、
 そういった気持ちがまったく無いわけでは無いわけでありますが、あ、もちろん私は
 あなただけのそうぞ」
と喋っている途中でいきなり消滅する。
う~んやっぱり人外だったか。 でもかわいかったな。 すごく。

にしても、今日は一つ発見したな。

エッチって15秒で出来るんだ。