※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

赤舌平目です


食べた事があっても 丸ごとを見たことの無い方が多くて
私の方が 驚いてしまいます。
フランス料理の ムニエルにする魚が 有名ですが
煮ても 焼いても 勿論お刺身にだってなります。
金栄丸は 冬の間 主にこの 舌平目を獲っています。
大きいものは 50センチサイズにもなります。
日本各地では ウシノシタ イヌノシタなどとも 呼ばれますが
中国では 「靴底魚」 ドイツでは 「海の舌」 と呼ぶそうです。

コメントもらえると うれしいな。

  • 冬になると 毎日毎日舌平目・・・・
    刺身 煮付け 焼き物 ムニエル から揚げ と
    色々な料理にしても 一週間もすると飽きるんだよな。
    もっと他の食べ方 ないかなあ・・・
    -- まさみ (2006-01-31 11:03:30)
  • ムニエルだいすき。 -- takahasi (2006-02-03 20:25:33)
名前:
コメント:




舌平目の 成分 (100g中)

エネルギー(kcal) 94
水分(mg) 77.69999695
蛋白質総量(mg) 19.5
蛋白質動物性(mg) 19.5
脂質(mg) 1.200000048
コレステロール(mg) 少量
炭水化物糖質(mg) 0.100000001
炭水化物繊維(mg) 0
食物繊維(mg) 少量
灰分(mg) 1.5
カルシウム(mg) 12
リン(mg) 150
鉄(mg) 1
ナトリウム(mg) 210
カリウム(mg) 330
ビタミンAレチノール(mg) 微量
ビタミンAカロチン(mg) 0
A効力(mg) 微量
ビタミンE(mg) 少量
ビタミンB1(mg) 0.150000006
ビタミンB2(mg) 0.349999994
ナイアシン(mg) 7.5
ビタミンC(mg) 微量
食塩(mg) 0
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|