※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ホウボウです


コレはちょっと難しかったかな???
体色の美しい 白身のおいしい高級魚です。
張りのある歯ごたえで 薄作りのお刺身にもできますが
ゼラチン質が豊富で 煮付けると あとでニコゴリが出来ます。
冬が旬で 鍋物にも向きます。
大きなむなびれは 敵を驚かすのに 役立っているらしいです。



  • 和歌山では 普通にスーパーでも売っているけれど
    「この魚は 何なの!!」 と よく電話をもらう魚です。
    「料理し難そう」と 言われるけれど 鯛みたいに鱗も無いし
    ぶつ切りにしたら 鍋物に入れられるので
    そんなに難しく考えないで。 -- まさみ (2006-01-31 11:27:08)
  • 刺身にしたことがありますが、おいしかったなぁ -- ヨシカワ (2006-01-31 17:52:59)
  • 釣りあげると『ぐうっ!ぐうっ!』て泣き声みたいのが聞こえてきます。
    小さめのを開きにして食べたらおいしかったです。 -- まさみ (2007-01-07 13:53:47)
名前:
コメント:




ホウボウの成分 (100g中)

エネルギー(kcal) 122
水分(mg) 74.90000153
蛋白質総量(mg) 19.60000038
蛋白質動物性(mg) 19.60000038
脂質(mg) 4.199999809
コレステロール(mg) 55
炭水化物糖質(mg) 微量
炭水化物繊維(mg) 0
食物繊維(mg) 少量
灰分(mg) 1.299999952
カルシウム(mg) 42
リン(mg) 200
鉄(mg) 0.400000006
ナトリウム(mg) 110
カリウム(mg) 380
ビタミンAレチノール(mg) 9
ビタミンAカロチン(mg) 0
A効力(mg) 30
ビタミンE(mg) 0
ビタミンB1(mg) 0.090000004
ビタミンB2(mg) 0.150000006
ナイアシン(mg) 5
ビタミンC(mg) 3
食塩(mg) 0.300000012
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|