こなたが倒れた?


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


「いよぉ、チビッ子、最近ちょっと胸でかくなったんじゃねぇか!ほらっ(パシッ)」
「む、むぅうううううっ!(バタッ)」
「こなちゃん!」
「こなた!」
「あ?おい、どうしたんだよ!チビッ子ぉ!ちょっと胸触っただけだってヴぁ!」
「こなちゃん、しっかり!(抱き上げ)すぐ保健室へ連れてってあげるから!」
「つかさ、私も行くわ、さ、つかさ早く!」
「日下部さん、こなちゃんに何かあったら…(ゴゴゴゴ)」

タタタタタタ…

「凄い勢いで行っちゃったわ」
「おいあやのォ…柊妹って…」
「みさちゃん、可愛そうだけれど…」
「な、何だよォ」
「今日がみさちゃんの命日かもね」
「あやの、冗談になってないってヴぁ!」
「みさちゃん、私冗談なんか言ってないわよ」

……

「(保健室前)あやのぉ、怖くって入れないってヴぁ!」
「何言ってるの、自分から出向いたら、妹ちゃんも命だけは助けてくれるかもよ」
「あやのォ、冷たいなァ」
ガラッ!
「わ、柊っ、あ、あ、チビッ子は?」
「あ、ああ、こなたは落ち着いて寝てるし、日下部には何の責任もないわ、私も教室へ戻るところ」
「でも、チビッコの様子も見たいし、柊の妹が…」
「そう?じゃあ…ねえつかさ、日下部が見舞いたいって、え、そう?じゃあ日下部入ってやってよ、私は、あ、峰岸も教室へもどろ」

……

「チビッ子ォ、ごめんよゥ、大丈夫か」
「すーすー」
「妹ォ、悪気はなかったんだってヴぁ」
「あ、あはは、こなちゃんも無事だったんだし、日下部さんも教室へ戻ってね」
「そうかァ?いいのか、妹」
「そうね柊さんが付き添ってるし、日下部さんはそんなに心配することはないわよ」
「じゃあ、先生失礼します、柊妹も、チビッ子も(ガラガラ、ピシャン)」

……

「柊さん、日下部さんの手前ああ言いましたけれど…このままじゃあ、泉さんは大変なことになりますよ、わかりますか…」
「はい、先生」
「本当なら泉さんの保護者の方にも相談しなけりゃならないことなの、わかる?」
「先生、それは」
「まあ、あなたのお姉さんも注意してきちんと見守るからってあなたをかばって…いいお姉さんね、だから暫く様子を見ます。
でもあなたも泉さんの身体を見たでしょ、泉さんはずいぶん我慢していたと思うわ」
「こなちゃん、ごめんね、私馬鹿だから、気付かなくて…」
「泉さんはまだ、あなたみたいに身体が出来上がっていないの、だから今回みたいなことにならない様に注意して気配りしてあげてね。
じゃあ泉さんが目覚めたら送っていってあげてね」
「はい」

……

「こなちゃん、くすん、ごめんね、ごめんね」
「…つかさ、もういいから、泣かなくていいから…」
「こなちゃん…よかった、気が付いたの、先生が送って行く様にって」
「うんつかさ、帰ろう、でもさつかさ…」
「大丈夫だよこなちゃん、今日はもちろん安静に…それにもう大事なこなちゃんに………痛みで気を失うくらい胸が腫れるようなコトしないから…」
「うん、もう少しやさしくしてほしいカナ、私はつかさと肌が触れ合ってるだけでもつかさの愛情は伝わってくるから」 




コメントフォーム

名前:
コメント: