dear -Section13「苗木を守る人達~日下部みさお・峰岸あやの~」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



dear -Section13「苗木を守る人達~日下部みさお・峰岸あやの~」




「それじゃ、失礼しまーす」
「次は金曜日に来ますね」
「はーい。んじゃね~!」
「気をつけて帰ってね」

まつりさんとおばさんに見送られた私達は、家への道を歩きはじめた。
……明後日が最後……か……。

dear -Section13「苗木を守る人達~日下部みさお・峰岸あやの~」

「なぁ、あやの」
「……何?みさちゃん」

いつもの帰り道、でも明後日で終わる予定の帰り道。

「明後日で……最後……だよな……」
「えぇ……明後日で……最後よ……」

柊の『休学』が決まってから始まった『勉強会』
『計画』が成功すれば……これも終わる……はずだ

「今日で何回目なんだろうな?」
「……わからなくなる程に、いっぱい来たわね……」

そして……
ちびっこと……妹とも……

「……色々、あったよな……」
「うん……色々と、あったね……」

妹が休学して……
ちびっこが柊に手紙を託して……
柊も休学して……
ちびっこと喧嘩して……
『勉強会』が始まって……
ちびっこと仲直りして……
『計画』がスタートして……

「あのさ……あやのは……どうして、『計画』に参加しようと思ったの?」
「どうしてって言われても……なんでそんな事聞くの?」

どうして……か
そうなんだよな~
なんでなんだろう……

「……柊が『休学』してからさ……ちびっこと一緒に居る機会が増えたじゃん」
「そうね……一緒にお弁当食べたり、昼休みに話す機会が増えたわね」
「ちびっこと話したり……一緒にお弁当食べたりしてさ……ちびっこの事が色々とわかってきたら……」
「わかってきたら?」
「……私は、なんでこの『計画』に賛成したのか……わからなくなっちゃってさ……」
「……みさちゃんも、そうなんだ……」

……ん?
みさちゃん……も?

「『も』って……もしかしてあやのも?」
「うん……。私も同じ……」
「そっか……」

あやのもわからなくなってたんだ……

「……みさちゃんは……なんであの時賛成したの?」
「ちょっ!それってさっき私がした質問じゃん!……まぁ良いけどさ」
「だって……人の意見を聞くときにはまず自分の意見を言うのが常識でしょ?」
「みゅぅ~」

確かにその通りなんだけどさぁ……
はぁ……、仕方無い、ちゃんと話すか……

「あの時……私は……ちびっこと妹が幸せになれれば良い!……って思ってさ、それで……」
「……私も……最初は高良ちゃんの事が気になっていたけど……大丈夫だってわかったら……」
「そっか……」
「……これって……賛成した理由になるのかな……」
「……わからない……」
「……だよね……」

お互い黙ったまま歩く帰り道
いつもと距離は変わらないはずなのに……
今日は、とても、長く感じる

「柊……大丈夫かな……」
「……どうして?」

あぅ……

「あやのぉ~、なんで高良が一人ぼっちになるのはすぐにわかったのに、柊の事がわからないんだよぉ~」
「え?……あ!そっか……。妹ちゃんがいなくなったら……」
「柊は……あの家で一人ぼっちになっちゃう……」
「で、でも、お姉さん達が……」
「……二人共居ない時は?いのりさんが残業で、まつりさんが飲み会だったら……柊と親しかいなくなるんだぞ!」
「あ……」
「それに!もしお姉さん達がたまたま旅行で何日か出掛けたら……」
「……その間、ずっと、一人ぼっち……」
「そんな……そんな状態で柊が普通でいられると思うか?妹とお姉さん達がいるのにも関わらず……あんな……ボロボロになって……」
「みさちゃん……」
「メイクで隠してるけど!目の下には隈が出来てるし!腕なんかも妹以上に痩せて細くなってるし!」
「……」
「柊は大丈夫って言ってるけど!どこが……どこが大丈夫なんだよ!」
「……無理してるよね……柊ちゃん……」
「だよな!……まったく……柊は中学の時から全然変わってないよな!」
「そう?」
「そうだよ!面倒な事は全部自分で抱え込んで!どんな時でも、自分が倒れない限り具合が悪くても無理をするし!」
「……そうだね……」
「なんで……なんで柊は……自分を大事にしないんだよぉ……」
「……正義感が強いから、じゃないかな……」
「……わかってる……わかってるよ……。でも!だからって……」
「柊ちゃんは……私達が注意しないと……突っ走っちゃうからね……」
「……グズッ……」
「みさちゃんは……優しいね……」
「……エグッ……」

「もぉ!これは全部終わったら……柊ちゃんに一言……言わない……とね!……みさちゃん……を……泣かせたん……だよ……って……」
「……あやのだって……」
「……」
「あやのだって……泣いてるじゃんか……」
「……グスッ……みさちゃ~ん!」
「あやのぉ~!!」

夕焼けが照らす道の真ん中
私達は人目をはばかる事無く抱き合い泣き続けた


それからかなりの時間が経ったけど
涙は止まる事無く溢れ出ている

この涙は何の為に流れるの?
この哀しみは……どこから産まれてくるの……?

柊が辛い目に会ってるから?
それなのに私達は……何も出来ないから?

……多分両方なんだろうな……

柊……
正義感が人一倍強くて……
曲がったことが大嫌いで……
それが原因で人から誤解されたりするけど……
でも……
本当はとても優しくて……
いつでも他人に気を配ってて……
だから……いつでも自分は二の次で……

そんな性格だから……
私達に心配をかけないようにって思って……大丈夫なんて言っちゃうんだよな……

……そっか!
私達にしか出来ない事……あった!!

「あやの」
「……グスッ……」
「泣き止んで……。私さ、わかったよ」
「……なに……が?」
「今回の『計画』に参加した理由」
「……?」
「あのさ……さっきも話したけど……柊って正義感強いよな」
「うん……」
「そんでもって、実はとっても優しい」
「……今の台詞を柊ちゃんが聞いたら、物凄く驚くわね」
「べっ、別に言ったっていいじゃんか~。……柊だっていないんだし……」
「フフッ……そうね。みさちゃん、柊ちゃんがいない所で色々と言ってるもんね」
「みゅ~、あやのがいじめるぅ~」
「ごめんごめん……つい、ね」
「全く……。んで、えーっと……どこまで話したっけ?」
「柊ちゃんが優しい、ってところまで」
「あ、そかそか。んで、結構周りに気を配る」
「……そう、だね」

「……自分を二の次にして……」
「……」
「だからさ」
「……?」
「私達は……柊を支える役になれば良いんじゃないか?」
「柊ちゃんを……支える?」
「そ。柊が自分を二の次にしないように。……あんなにも悩んで苦しんでる柊なんて……見たくないよ……」
「……そうだね。私も……あんな柊ちゃんは二度と見たくないな……」
「やっぱ、柊は元気じゃないとな」
「そうね、それと笑顔!」
「本人は気付いてないけど、笑った柊って可愛いよな~」
「みさちゃん、それちゃ~んと柊ちゃんに言ってあげてねっ」
「そ、そんな恥ずかしいこと出来るわけないだろっ」
「冗談よ、じょ・う・だ・ん。……でも、柊ちゃんには笑顔でいてもらいたいよね……ずっと……」
「もぉ……。でも、そうだよな、柊には笑顔が一番似合うよな!」
「だよね!!」

怒った顔……
困った顔……
色んな顔があるけど
悩んで苦しんでる顔の柊なんて……
もう絶対に見たくない!!

「柊を二度とあんな顔にさせないためにも……」
「私達が頑張らないとね!!」

柊が二度とあんな顔しないように……
私達が全力で支えて、助ける

それが、私達の、理由


Section13「苗木を守る人達~日下部みさお・峰岸あやの~」 End



「ところでさ、私達って今回何も役割が無いじゃん?」
「そうねぇ」
「でさ……ちょっと耳貸して……」
「いいけど……何?」
「あのさ……ってのはどう?」
「えっ!?で、でも……」
「まぁ、ダメもとで相談してみない?」
「……そうね、今のままだと何も出来ないもんね」
「よし!じゃぁメールで……」
「オッケーしてもらえるといいね」
「『……相談に行っても良い?』っと……こんな感じで良いよな!」
「……みさちゃん、そこは『良いでしょうか』だと思うんだけど……」
「えっ!?……あ、じ、冗談に決まってるだろ~」
「……心配だからメール手直ししておくね……」
「……みゅぅ~」


実行日まで
あと三日






コメントフォーム

名前:
コメント: