穏やかに暮らす


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日々仕事に追われていると、つい忘れてしまうことがある。

こういったことは絶対に忘れないだろうと思っていたが、忘れるもんだなあと一人反省する。



長い間、人を遠ざけて生活してきて、とても快適に過ごしてきたが、

言葉がすぐ出てこなくなったり、目で文字を追うのも以前に比べて遅くなってきているように思う。

年をとったということもあるのだろうが、そのような環境から離れていた、いや、あえてそのようなことをしてこなかったというのが、理由だろう。



これからは、楽しい時には笑い、悲しい時には涙して、自分の感情を殺すことなく生活していこうと思う。



「いつか時間がある時に」と溜め込んでいる本やCDに積極的に手を伸ばし、子供の時に得意だった会話も積極的にしていこうと思っている。


いつまでも続く人生ではないのだから......。


少々我慢しても余計なことには首を突っ込まず、穏やかに暮らしていこうと思っている。


愛しているよ、みんな。