※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シニアルール

勝利条件 相手マスターのHPをゼロにする
マスター マジカルマスター : HP5 ( ホワイト / ブラック / ワンダー / グレート )
カード枚数 20枚 (デッキに含めることができるのは一種類のカードにつき最大3枚まで)
陣形 マスター×1枠 モンスター枠:前衛×2 後衛×2 の5箇所
特徴 ・マジックマスターはストーンを消費することにより様々な行動が可能
 各マジックマスターの特徴は以下の通り

 ☆ホワイトマスター : アタック・ ヒーリング・鉄の盾・ウェイクアップ
 ☆ブラックマスター : アタック・かまいたち・バーサクパワー・大地のいかり
 ☆ワンダーマスター : アタック・ローテーション・竜の盾・(選択スキル枠×1)
 ☆グレートマスター : アタック・呪縛・(選択スキル枠×2)

  • それ以外についてはジュニアルールと同じ
備考 ゲーム中でCPUキャラが使用してくるのはホワイトマスターとブラックマスターが中心。
AIがホワイトマスターを使うと鉄の盾を主力モンスターに対して積極的にかけてくるので
モンスターが倒しにくく、長期戦になる場合が多い。
逆にブラックマスターは攻撃系のスキルを揃えているので、
CPうキャラがブラックマスターを使用すると、
敵味方共に次々とモンスターが消耗品のように消滅して混沌とした状況となる。
スピーディなバトルを楽しみたい場合はブラックマスター、
長期戦でじっくりバトルを楽しみたいときはホワイトマスターを使っていけばOK。

なお、ブラックマスターが相手のときは相手のストーンの数に注意を払う必要がある。
戦況が優勢でも、敵マスターに大地のいかりを2連発で発動されて、
一気に覆されるようなケースもよく発生する。