※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

サトイモには腎臓病、糖尿病、便秘、下痢、打ち身、肩こり、えんざや糖尿病、虫さされなどに特に効果がある食べものです。
当初はサトイモを葉っぱでくるんで蒸し焼きにして食べていたとされています。

ねばねば成分が体に良い効果を齎してくれるので煮っころがしや含め煮などの家庭料理には欠かせない食材です。

サトイモにはカリウムが多く含まれていて、体内の塩分を排出してくれるのです。
またムチンというものも含まれており、ムチンは肝臓の働きや腎臓の働きの弱まりを抑えてくれる効果もあるのです。

ムチンにはたんぱく質の吸収や消化を助ける働きがあり1日50g程度摂るのが理想とされています。その他タラクタンという物質が含まれており、ガラクタンには免疫力を高めてガンになるのを防いでくれる効果があるのです。