ログ:裏切り者のマジック・ショー:フランツ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

GM:それではLDMtrpgメインシナリオ「裏切り者のマジック・ショー」のセッションを開始します。よろしくお願いします!
フランツ:よろしくおねがいします!
GM:ではまず、オープニングから。
GM:★OPENING
GM:・・・君は一人、マジックショーのチケットを持って、オペラハウスの前に佇んでいる。
事の顛末はこうだ。
GM:ミッドナイトグレイヴタウンのスイーパーの一人である、ピピリからの突然の電話。
GM:「なぁ、フランツ!ちょっと仕事の手伝いをしてくれないか?
  双尾プライベートサーチツインズ、現在社員募集中なの。
  つっても、仕事は簡単♪
  近頃噂の「ホワイトリリィ」のショーを見に行くだけでOK♪
  今回はお試しってことで!
  来てくれれば給料は出すから。どう?乗らない?
  チケットはもう届くころだぜ、いい返事、待ってる」 
GM:ピピリはそれだけ言いきると、ブツリと電話を切ってしまう。
GM:ポストを覗けば、電話のとおりチケットが入った封筒が届いていた。
フランツ:「お、おい・・・」一方的にまくし立てられ少し怯む。
何とも胡散臭い話だが・・・彼には借りがある。
フランツ:封筒の宛名を確認します。
GM:宛名には、フランツ。君の名前と、「双尾プライベートサーチツインズ」というサインがはいっているね。
GM:君はこの誘いを断ってもいい。
断った場合、君は何事もなくいつもの日常に戻っていく。
GM:さて、君はどうする?
フランツ:「『双尾プライベートサーチツインズ』・・・姉のほうもやってるのか、これ・・・・」
依頼は受けます。なんかピピリさんとはよくつるんでそうだし。
GM:了解しました!
GM:さて、この誘いを受けるといった君には・・・。
GM:リビングデッドメモリーズ! 第一幕 「裏切り者のマジック・ショー」

GM:【くるみ割り人形第3番 こんぺい糖の踊り】
GM:★SCENE.1 ショーの始まり
GM:受付の女性は、にこやかに君の手にしたチケットを受け取ると、
半券を切り、そのまま君を奥へ通す。
クラシックな装飾が施された館内には、
赤いカーペットが敷かれ、君はその上を歩いて行く。
GM:通路を抜ければ、そこはステージだ。
二階席、三階席、スイートシートまである広い客席。
壇上には真っ赤な幕が下りている。
GM:さて、君のチケットが案内するのは、
一階席の前列に近い、中ほどの席だ。
席に座りながら、
君はチケットと一緒に入っていた手紙の内容を思いだす。
フランツ:そういえばこのときの服装ってスイーパーの衣装ですか?
GM:そうですね、スイーパーの衣装かと。
フランツ:任意で良いなら一応変装したいです
GM:了解です。とくにスイーパーの衣装である必要はないので、変装してかまいませんよ。
フランツ:了解です。では一応髪方少し変えてメガネかけておきます。銃も隠し持っておきましょう。
フランツ:立ち絵が無いから!!!!何とでもいえる!!!!!!!
GM:キングスマンの想像しちゃったぜ(メガネ
GM:手紙の内容は、いたってシンプルだ。
こう走り書きされていた。

 「座席についたら、背もたれのスキマを調べろ。
  オレからのプレゼントだ」
フランツ:ああいうメガネのイメージでした!!!!顔の特長つかみにくくする感じのアレ!!!!
GM:おいしいっすね
フランツ:真面目っぽさを前面に出そう
フランツ:たぶん髭も剃ってる
GM:見てぇ・・・
フランツ:探し物をする振りをして背もたれの隙間を調べます。
GM:スキマを調べると、また一通の手紙が出てくる。
その手紙に添えられていたのは、
不思議なことに君の銃にぴったりあう、1発の"実弾"。
GM:手紙には、こう書かれていた。

 「ショーのエンディングで
  ステージに立つホワイト・リリィを撃て」
フランツ:「・・・・なるほど。」彼が自分を呼んだ意味が、なんとなくだが理解できた。
隠し持った銃に弾を込め、手紙を胸ポケットにしまい、何事も無かったかのように席につきましょう。
フランツ:それから一応、周囲を警戒します。ミイラ取りがミイラになってはいけない。
GM:周囲を確認すると、なにもしらない観客たちが談笑している様子がわかるね。

実弾は君の手の中に今、ある。
・・・もうすぐ、ショーは始まる。
フランツ:込めれなかった・・・?
GM:あ、もうしわけない。こめて、持っているよという意味ですね
GM:隠し持ってるけども
フランツ:あ、了解です!!!!!

GM:★SCENE.2 ホワイトリリィ、登場
GM:【交響詩 魔法使いの弟子】
GM:会場は暗くなり、ステージがライトアップされる。
静かな興奮で、会場は息づく。
開幕前のアナウンスが流れ、静寂が訪れた後、
幕が開く。・・・ステージの中央に人影がある。
GM:スポットライトが照らしたのは、
オレンジの髪にハートマークのメッシュをした、派手な学生服を着た女の子だ。
・・・どうやら、彼女がこのショーの司会をつとめるらしい。
司会:「ハーイ、よく集まったな、ドブ漬け女にクソッタレ坊主!
 今宵ここでお見せするのは "奇跡"(milacle)!
 目を疑うような "魔法"(magic)!
 てめーらの想像なんかいともたやすく超えちまう、とっておきのショーだ!
 おめめかっぴらいて見とけよ、待ち遠しくてドキドキするだろ?」
司会:「そうして登場するのは モチロン・・・」
GM: ──『死体』だーーーーーッ !!!!!──
GM:その掛声とともに、会場には歓声がひびき、熱狂の渦につつまれる。
フランツ:死体だぁーーーーーーーーーー!!!!!
GM:ステージの奥から、
ガラスの棺に入り、白百合につつまれた、
女性の『死体』が運ばれてくる。
司会:「この『死体』に"奇跡"を起こすのが、そう、われらがプリンス!
 世紀のマジジャン、"ホワイト・リリィ"だーーーーッ!!!!!!!」
フランツ:無表情に足を組み、眼鏡越しに舞台を見つめています。
フランツ:>目立つ<
GM:熱狂する観客達の前に、手を振ってステージに現れたのは・・・
GM:泉のような翠色の瞳に、
ふわふわとした白鳥の羽ような白髪をした、
すらっとした長身の、白い燕尾服を着た男が入場する。
GM:君は、息をのむことだろう。
その男の、この世のものとは思えぬ『美しさ』に。
フランツ:「・・・・・。」
GM:彼こそが、ホワイト・リリィ。
この街を熱狂の渦に巻き込んだ、世紀のマジシャン。
フランツ:「僕の方が綺麗だ。」ちょっと眉間に皺寄ってます。
GM:──大事な人が帰ってくる、死んだ人が生き返る──
GM:それは、思い出に別れを告げる街、
ミッドナイトグレイヴタウンでは"ルール違反"だ。
フランツ:※本当に心からそう思ってるならわざわざ口に出さない。
GM:くそっかわいいかよ
GM:だからスイーパーたちはこう呼ぶ、
この街の"ルール"を破った彼のことを、憎しみをこめて、『裏切り者』と。
GM:・・・いよいよ、ショーの見せ場がくる。
フランツ:弱い犬ほどなんとやら

GM:★SCENE.3 目覚める花嫁
GM:リリィが、会場に向け、
人差し指を口元にあてそっと微笑むと、
割れるような歓声はいともたやすく静まった。
GM:司会が口を開く。
司会: 「ここに眠るは、先日事故で亡くなった、"祝福の花嫁"ミス・フルール。
  彼女は大女優、その死には多くの人が涙したはずだ」
司会:「だが、もう心配はいらない。涙を拭いて、ステージを見てごらん。
 ここにいるのはリリィ。世紀のマジシャンだ。
 彼に不可能はない、そうだろう?
 きっと、彼女に心臓の鼓動を、取り戻してくれるはずさ」
GM:会場にはぱちぱちと拍手が起こる。
GM:そして、黒い布を被り、幽霊のような姿をした黒子たちが、
死体の入ったガラスの棺を開けた。
フランツ:ゆっくりと拍手をしましょう。
GM:リリィはその中の死体にそっと近づき、
しばらく見つめるような動作をした後、観客に向けてウインクをする。
前列の観客達が声を上げる。・・・倒れた者もいるようだ。
GM:係員がその観客を運び出すあいだ、
リリィはくすくすと笑ったあと、手を広げ、
種も仕掛けもないよ、と身振り手振りで示してみせる。
フランツ:死体の様子は見えますか?
GM:見えますよ。ガラスの棺なので、白百合につつまれた彼女の死体が見えることでしょう。
多額の資金をかけてエンバーミングされており、状態は美しく保たれています。
GM:たぶんそのことは、ニュースとかでもやってたかな。
フランツ:(話どおりエンバーミングされているのか、そっくりな別人が中には言っているのか目視では見分けがつかないな。)
GM:そして。
リリィは跪き、死体の手を取り・・・、
その甲に、そっと口づける。
・・・すると。
GM:花嫁はふっと息を吹き返したように見える。
会場が、にわかに湧き上がる。
そして、彼女の周りにある花が揺れる。
GM:・・・なんてことだろう。
さっきまで、確かに冷たい『死体』だった彼女が、
頬に薔薇の色を取りもどし、起き上ったではないか。
GM:そして彼女は、ステージを見渡し、驚くような表情を見せる。
リリィの顔を見ると、なにかひらめいたように声を上げ、 
フランツ:(あの司会、確かエンターテイナーの・・・・僕以外にもピピリと通じている人間がいるのか・・・?)
GM:「リリィ、あなたなのね。
 あなたが、私を冷たい暗闇の底から助け出してくれたのね!」
GM:彼女は棺から飛び出すと、
そう感動の言葉を叫び、リリィに飛びついた。
フランツ:生唾を飲み込みます。本当に「彼女」か?まさか、そんなことはありえない。
何かトリックがあるはずだ、何か、必ず・・・・・
フランツ:声は生前の彼女のものですよね?
GM:ステージ上を軽やかに飛び回り、
可憐な声を転がす彼女は、たしかに、"生前"の彼女の姿、それに声だ・・・。
リリィは、彼女をそっと受け止める。
そして、そのまま彼女を抱きあげた。
司会:「・・・さあ!帰ってきた"大事な人"、祝福の花嫁に盛大な拍手を!」
GM:司会がそう叫ぶと、
会場はワッと湧き上がり、盛大な拍手が起こる。
GM:ミス・フルールはリリィの手を離れ、ステージの上を踊って見せている。
・・・ああ、こんなことが、本当に?
それは、"奇跡"というほかに、たとえようのない光景であろう。
フランツ:「馬鹿な・・・」
顔や体型なら手を加えればどうとでもなる。だが声はどうだ。
声を変えることはできても、まるきり特定の声にすることは不可能に近い。ましてや踊りまでコピーすることは・・・
だがあの声も、あの踊りも、何度も映画で見たミス・フルールのそれだ。
GM:リリィはそれを眺めながら、静かに笑みをたたえ、手拍子を送る。
GM: ──撃つなら、今だ。
GM:撃つ場合、ここで判定を行います。
コインを三回投げ、一枚でも表が出れば、 その時点でリリィを撃つことは成功。
シーンボーナス・チャンスは無効です。
フランツ:ありえない、こんなことはありえない。きっとトリックがある。
実はそもそも彼女は死んでおらず、テレビの報道も事故も全てホワイト・リリィの仕組んだ大規模な物語・・・
フランツ:いや・・・・余計なことを考えるな。撃つなら今だ。
フランツ:立ち上がって拍手をする観客に混じって立ち上がり、安全装置をはずした実弾を込めた銃を劇場の男に向ける。
フランツ:choice[Accelerator,Brake]
DiceBot : (CHOICE[ACCELERATOR,BRAKE]) → BRAKE
フランツ:choice[Accelerator,Brake]
DiceBot : (CHOICE[ACCELERATOR,BRAKE]) → BRAKE
フランツ:choice[Accelerator,Brake]
DiceBot : (CHOICE[ACCELERATOR,BRAKE]) → BRAKE
フランツ:oi
フランツ:おい
フランツ:おい!!!!!!!!!
GM:な ん だ と
フランツ:何やってんだお前・・・・・
フランツ:すみません設定生やして良いですか
フランツ:あとちょっと描写
GM:いいですよ
GM:どうぞどうぞ
フランツ:男の頭に銃口を向け、引き金を引かんとした刹那ミス・フルールが情熱的な口付けを交わす。
手の振るえと目の前で起きた現象の不可解さに、完全に冷静さを失った手は彼女を避けるように僅かに震えた。
それに伴い銃口はそれ、弾丸は男の額に風穴をあけることはかなわず、男の顔すれすれに逸れていった。
ありえない、死んだ人間は、忌まわしいハロウィン以外に帰ってきやしない。ありえない・・・・
フランツ:フランツはフルールのファンだった(今生えた設定
GM:かわいいかよ!!!!くっそおおおおお!!!
フランツ:役者として尊敬してたんですよきっと(ガタガタ

GM:★SCENE.4 裏切り者へ、弾丸を
GM:──会場に響き渡る、一発の銃声。
一斉に、会場の視線が君に注がれる。
リリィは目をまんまるくしたまま、君のことを見ている。
ミス・フルールは素早く係員によって避難させられた。
GM:司会はわめきたてる。
司会:「おおーーーっとこりゃあどういうことだ!?
 そこにいるのは美しき殺し屋、”サイドカー”じゃあねえか!」
 リリィに真正面から喧嘩を売りにくる何ざぁキモが座っていやがんなあ。
 こりゃあおもしろいシナリオになりそうじゃねーか!なあ、・・・ちょっおい、なにすんだ」
GM:司会はそのまま舞台から無理やり下ろされる。
GM:リリィが口を開こうとした瞬間、
──銃声が、もう一度鳴り響いた。
GM:その弾丸はリリィをとらえ、彼の白い装束に赤い花を添えた。
GM:銃弾を撃ったのは・・・君の少し離れた席にいた、──ピピリだ。
フランツ:ピピリさぁあああああああああああん!!!!!!
GM:彼は君をみて、口の端をあげてにやりと笑う。
フランツ:すまねえ!!!!!アホ犬が!!!!やらかした!!!!!!
ピピリ:「見てろ」
フランツ:見てる
GM:彼はステージを指さした。
GM:ステージに目をやれば、・・・君は、目を疑うかもしれない。
GM:さきほど、たしかに君が撃った弾丸を、
その身に受け、倒れこんだリリィの腕が、
人差し指を立てる形で、ひとつ上がっている。
GM:そうして、注目するように示したかと思うと、
リリィの上半身はせり上がり・・・
そのまま背中から起き上がるようにして、・・・・・・・立ち上がった。
GM:リリィは髪をかきあげて、微笑む。
会場からは狂乱のような歓声が上がる。
GM:『ホワイトリリィ、万歳!』
GM:『ホワイトリリィ、万歳!』
GM:『ホワイトリリィ、万歳!』
フランツ:僕のせいじゃない!!!!僕は当ててない!!!!!!
フランツ:完全に駄犬でお腹痛い
GM:言わないであげて!!!wwwww
GM:彼、ホワイトリリィは、不死身なのか・・・?
いや、そんなことがこの町で有り得るのか、
彼の身に起きた"奇跡"とは、一体何なのか、
彼の正体は・・・。
ピピリ:「──さて、逃げるぞ」
GM:気づけば、ガードマンたちが席を乗り越え、近くまでやってきていた。
GM:ピピリの後を追い、会場の外に出れば、そこには運転手をのせた車が止まっていた。
ピピリ:「ちょっと運転荒いけど信用して?さっさと退散しよ」
フランツ:「・・・っ!」半ばパニックになっていましたが冷静さを取り戻します。
恐らく撃ったときずれて、変装の意味をなくした眼鏡をガードマンの手に投げつけて怯ませると、ピピリさんの後ろをかけていきます。
GM:では、君は車に乗り込む。
フランツ:「・・・・すまない!」
ピピリ:「問題ないよ」

ピピリ:【STOP】
ピピリ:★SCENE.5 双尾プライベートサーチ事務所
GM:君とピピリを乗せた車は急発進し、
曲がりくねった路地で追手を撒きながら、・・・ほどなくして、目的地に到着する。
GM:建物のドアには「双尾プライベート・サーチ」と書かれている。
ピピリはドアを開けて、君が中に入るよう案内する。
ピピリ:「んじゃ、入って入って。積もる話もあるし、それに報酬も渡さないとね」
フランツ:中にはいります。
GM:事務所に入ると、ピピリが蓄音器のスイッチを入れる。
GM:【無伴奏チェロ組曲 第1番 プレリュード】
ピピリ:「コーヒー派?それとも紅茶派?」
フランツ:「・・・・紅茶、いや今はコーヒーが飲みたい・・・・。」
ピピリ:「ん、了解」
GM:ピピリはソファにかけるよう言ったあと、
2人分のコーヒーを用意し、"魔女の館"というブランドのお菓子をいくつか出してくる。
ピピリ:「さて、今回あんな依頼をした、理由なんだけど」
ピピリ:「・・・聞きたい?聞きたくなきゃ、さくっと報酬渡してお別れでいいんだけど」
フランツ:「できることなら、教えてくれ。」出されたコーヒーを口に含み、苦味で混乱を飲み込もうとします。
GM:ピピリは君の返事を聞いてうなずいたあと、話し始める。
ピピリ:「・・・そう言ってくれてよかった。じゃあ、話すね」
ピピリ:「種も仕掛けもない、"大事な人を蘇らせる"マジック。
 弾丸を撃とうと、息絶えることなく立ち上がる、"不死身の体"・・・
 今回あんな依頼をしたのは、リリィを取り巻くいくつかの謎を、
 その目で確認してほしかったからなんだ」
ピピリ:「なぜあんなことができるのか、なぜ不死身の体なのか、すべてが謎なんだ。
 一説では”死者との契約”とも言われてる・・・
 けど、そんなものが存在するのか、そこらへんも謎に包まれてる」
ピピリ:「・・・実際、その目で見て。どう思った?フランツ」
フランツ:「正直言って、今のところどこからどこまでが現実なのかもよく理解できていない。
 メディアを巻き込んだ巨大なトリックか、或いはあの劇場に判断力を鈍らせる薬が撒いてあったのか・・・・」
フランツ:「・・・・正直僕は、未だに信じられない。」
ピピリ:「ああ。至極、まっとうな感想だと思うよ」
ピピリはうなずいて、コーヒーを一口、口にする。
ピピリ:「オレも初めて目にしたときは、・・・信じられなかったね、絶対に何か仕掛けがあると思った。
 ……そう思わなくちゃ、何を信じればいいのかもわからなかったしね」
ピピリ:「でも、今この町を騒がす出来事として、たしかに起こってることなんだ」
ピピリ:「なんにせよ、"大事な人を蘇らせる"ことも、
 "死者との契約"も、この町じゃルール違反だ。
 オレたちスイーパーとしては、見逃してイイコトじゃない」
ピピリ:「だから今回、君に・・・フランツに依頼をした。
 ・・・その謎をつかむために、・・・あいつと決着をつけるために、君に協力してほしい」
ピピリ:「・・・どうかな」
フランツ:「・・・・」大きく息を吐き、コーヒーを飲み干すと、固めていた髪を片手でぐしゃぐしゃとかきます。
フランツ:そして瞼を開き、答えます。
フランツ:「喜んで、協力させてもらうよ。」
ピピリ:「・・・ありがとう」
GM:ピピリはお礼をいって、少しだけ安心したように微笑んだ。
GM:そして、ふうと息を吐き、間をおいたあと、また話し始める。
ピピリ:「・・・フランツには、話しておこうかな」
フランツ:「お前の依頼だ、それに・・・・結果はどうであれ、仕留め損ねた以上は、今度こそ僕の手で追い詰めたい。」
フランツ:「・・・・?」
ピピリ:「・・・そう言ってくれると、心強いよ」 
ピピリ:「実を言うとね」
ピピリ:「・・・リリィとオレは、昔親友だった」
ピピリ:「オレたちを別つたのは、"大事な人の死"だ」
ピピリ:「リリィは、妹を事故で亡くした」
ピピリ:「それから、あいつは心を閉ざし、行方をくらました」
ピピリ:「オレも恋人を亡くした。
 それがまあ、リリィの妹が死んだのと、同じ事故だった。
 ・・・互いの顔を見ると、思い出しちまってな。
 オレたちを結んでいた友情は、
 それをきっかけにして、心の死とともに、冷えて消えていった」
ピピリ:「そして、あいつは帰ってきたんだ」
ピピリ:「大事な人を蘇らせる力と、不死身の体をもって・・・
 この町を騒がす、”世紀のマジジャン”として、な」
ピピリ:「あの銃弾は、オレからの"合図"だった」
ピピリ:「オレは、あいつを救い出すつもりでいる」
ピピリ:「死にとらわれた、あいつを。その連鎖から」
GM:「結末は」
ピピリ:「あいつの死であろうと、この騒動を終わらせる必要がある」
ピピリ:「そうでもしないと、この町の時間は、きっと」
ピピリ:「・・・止まってしまうから」
フランツ:「・・・いい親友をもったんだな。」
ピピリ:「そうかな。しつこいだけっていえば、そうなんだけどね」
GM:ピピリはそこまで言うと、顔をあげて、もう一度笑う。
ピピリ:「報酬を渡すよ」
GM:そういうと、札束の入った厚い封筒を君に手渡すね。
フランツ:「いや、報酬はまだいい。」
ピピリ:「・・・、どうして?」
フランツ:「僕はあいつを撃ち損ねた。だから・・・その報酬は取っておいてほしい。
全てが終わるまで。これは、僕の意地だ。」
ピピリ:「・・・。わかった」 ピピリは静かにうなずいて、了承するね。 
ピピリ:「それじゃ、お話はこれでおしまい。
 気をつけて帰ってね。・・・また、連絡する」
GM:そう言って、君を事務所の外まで見送るね。
フランツ:事務所の外に出ましょう
GM:帰ろうとする君を、ピピリはもう一度呼び止めて、こう言うよ。
ピピリ:「フランツ」
ピピリ:「あんたを、信用してよかった」
フランツ:「・・・ありがとう。」
ピピリ:ピピリは笑顔を見せると、手を振って君を送り出した。
GM:★ENDING
GM:そうして、突然届いた手紙から始まった騒動は幕を閉じる。
GM:これから、この町に起こること・・・、
君が巻き込まれていく運命とは、いったいどのようなものになるのか。
それは、まだ、だれにもわからない・・・。
GM:「リビングデッドメモリーズ」
GM:──生ける死の記憶たちに、別れを告げて。
GM:以上で、シナリオクリアです!お疲れ様でした!!!!!
フランツ:お疲れ様でした!!!!!ありがとうございました!!!!!!!!