ログ:人殺しの礼儀:ルディ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

GM:それではLDM-trpgメインシナリオ「人殺しの礼儀」セッションを開始します~よろしくお願いします!
ルディ:よろしくお願いします!
GM:・・・
GM:リビングデッドメモリーズ! 第二幕「人殺しの礼儀」
GM:君は今、黒塗りの高級車の運転席にいる。
GM:……隣の助手席には、ピピリの姉、レファがいる。
GM:二つ名、「ブルーテール」。
彼女は毒針、蠍のシッポ。
青い髪を結いあげ、大きな三白眼を前髪で隠し、
青いドレスを着た、いつも憂鬱そうな女の子。

さて、今回の成り行きはこうだ。
GM:ピピリは急な仕事で、レファの帰りを送ることができなくなった。
そこに呼び出されたのが、君だったのだ。
……なんとも急な"依頼"ではあるが、報酬は出るらしい。
とにかく彼にとって、姉であるレファの機嫌を損ねないことというのは、
最優先事項であるのだ。
GM:時刻は12時過ぎ、陽だまりの午後。
有線から流れるピアノ・クラシック、
ゆったりとした旋律は、うとうとと君に穏やかな眠気をもたらすかもしれない。
ルディ:「……っと、まずいまずい」
うららかななのはいいけどさ、とこっそりため息。うっかり寝入ってお陀仏なんてたまったもんじゃない。
ルディ:音楽変えれねえもんか? とは思うものの、隣の彼女が快くそれを了承する気もしないし……
GM:隣のレファは、黙ったまま腕を組んで、いつもとかわらない、憂鬱そうな表情を浮かべている。
GM:さて、車が大通りに入って、数分たったころだろうか。
GM:後ろから銃声が鳴り響き、後部座席の後ろの窓へ小さな傷を作る。
ルディ:「そういやレファ、どこからの帰りで、……んっ!?」
反射的に後ろを振り向く。スピードを上げながら射手の姿を確認しよう
GM:
レファは不機嫌そうに、恐ろしく低い声で呟いた。
GM:「……Don't kiss mytail.」
GM:「……Don't kiss mytail.」
GM:君はアクセルを踏み込んだ。
タイヤが音を鳴らして、車がスピードを上げる。
GM:そう、後ろから車で追いかけてきているのは、……よく見れば、顔がない。
帽子を目深にかぶったそいつは、お約束通り、体が透けている。
GM:──"ゴースト"だ。
ルディ:「……不機嫌な青い蠍さん、君の尻尾に勝手にキスした無礼者に心当たりはあるワケ?」
GM:「……ええ、行きでも追われたわ。……あの"客"、サソリよりしつこいの」
ルディ:「そりゃ災難。……君のフォロワー?」
GM:「おそらくね」 嫌になるわね、とレファは憂鬱そうに溜息をつく。
GM:そしてその会話をしているさなか、車はすでに交差点を目の前にしていた。
GM:するとレファがおもむろに、
自分の隣の窓を開け、……派手に空砲を3発ほど撃つ。
GM:真昼間の道路に響き渡るその銃声に、
曲がろうとしていた車たちは、怯んで道を開けた。
GM:「このまま真っ直ぐよ、……スピードを下げたら死ぬと思って」
ルディ:「ったく、……ゴーストが実弾もっててこっちは空砲ってナンセンスじゃryンッ!!?」
ルディ:「——分かりましたよお姫様。カースタントもこなせってワケね」
GM:車はスピードを下げずに、車の間を縫って直進する。
GM:レファは懐から小さなシガレットケースを取り出すと、
バブル・シガレットをくわえ、君に火をねだるしぐさをする。
……君のポケットには、ピピリから預かった専用のジッポがある。
ルディ:「お、」彼女の様子を横目で確認。そしたらブレーキ用の片足をあげてハンドルに置き、仰け反ろう。
ルディ:シートに深く背を預けながら、取り出したライターを彼女に近付け、片手で風よけを作り火を点ける。
GM:レファは、目を伏せたままと君に小さく礼を言うと、
火がついたバブル・シガレットから泡を吐く。
GM:「行きでもさんざん撃たれてね、……でも銃はどこから盗んだんだか、替えがたくさんあるみたいよ」
ルディ:ご要望にお応えしたら自分の分の煙草も胸元から取り出して、ついでに拝借。
煙を深く吐き出してから、定位置に戻る。
「随分ご執心だこと。あんま魅力的なのも困るぜ?」
GM:「ご忠告ありがとう、ルディ。でも、あたしのせいじゃないわ」 レファは拗ねたような声色で言うね。
GM:……すると、次は君のポケットフォンが鳴る。
GM:着信は、サソリのハサミ──レファの赤髪の弟、ピピリだ。
ルディ:「はは、そりゃ失礼。だけどさ成仏さしてやったら? きっとアンタに送ってほしんだろ」
ルディ:返事をしながら携帯を手に取る。
「よぉピピリ、この忙しい時に一体何だよ?」
GM:「姉さん、後生だ許してくれ!」 「ルディさん、オレ死んじゃうかもぉ……」 電話の先からは情けない声が上がる。
GM:「もっとマシな仕事してから喋って。ブタの餌にでもされたいの?」
GM:レファは、聞いてるこっちが震えたくなるほど怒りのこもった声で言う。
どうやらピピリが、急な"仕事"──行きの車で追ってきたゴーストを始末するという、
姉に命令された仕事だ、それでミスをしたらしい、
そのゴーストが標的を変えて、再びこちらを追ってきた、ということだ。
GM:……君にその旨を伝えると、ピピリは「姉さんに殺されちゃうよ」と泣き声でもらす。
ルディ:「……お前がゴーストになったら真っ先に仕留めてやるから安心しろよ」
ルディ:乾いた笑みで受け答え。なるほどおかげで俺はこんな目に遭ってるんだな、まあいいけど……
GM:「ワァ~~~~!ルディさんに仕留めてもらえるなんて、オレは幸せモノだぁ~~~~!」
電話先のピピリはいつもどおりやかましいね。
GM:その会話のさなか、……後ろからマシンガンの銃声が鳴り響き、
GM:弾をありったけ吐き出すと、後部座席の窓ガラスに大きなヒビを入れた。
GM:ピピリはそのすさまじい音に、おそらく自分の車が傷つくことへの不安だろう、
げえっと声を上げたあと、青ざめたような様子で、ふざけたように口笛を鳴らす。
GM:「ヒュウ……高いガラスに変えて正解だ!」
ルディ:「ハァ!!? マシンガンはナシだろクッソ、」
ルディ:「……レファがお前を殺すとき俺も加勢しておこうかな」
GM:「えっ!?なんで!?!こわいやめて」 ピピリの声は裏返っているね、相当おびえたようだ。
GM:レファはあきれて、もう言葉がでないらしい、溜息をついて君に指示を出す。
GM:「次の路地を左に曲がって」
ルディ:「OK、……おい、早いとこ仕留めねえとこいつァ埒が空かねーぜ、こっちが先に撃たれちまうよ」
GM:車は再び急カーブしながら路地に入る。
GM:路地はぴったり車が二台並べるほどの広さだ。
後ろのゴーストが乗った車はスピードを上げ、こちらの車に並ぼうとする。
GM:「案の定並ぶつもりらしいわね。……ルディ、あなたの方から来るわ。……チャンスは一瞬よ」
GM:レファは長いまつげを伏せ目を細めると、甘い笑みを浮かべる。
"コールは一言でいい、ただし弾丸への愛情はたっぷりこめて"、とレファは言う。
GM:「……つまり、"一発で殺れ"ってこと、OK?」
ルディ:「惚れた弱みって言うしさァ、君が殺ッた方がキくんじゃない?」
「……なんてね。ラジャ、まるで殺し屋だ」
GM:そういう間に、後ろの車は追い付き、君の横に並ぼうとする。
一瞬の、チャンスが来る。

チャンスは1回。その間に英語と日本語のフレーズを混ぜた
「一言で決める」コールを完成させ、
コインを投げゴーストのHPを0にすればスイープ完了。
スイープワードはなし。"一発で殺れ"!

※一発のコールで殺れ、という意味なので多少長くても可能です。
ルディ:来世はギャングにでもなったら? と言いつつ、再びシートに身を預ける。
片足に操縦を任せ銃を構えるとその時は来た。……【一発で殺れ】、ね。
ルディ:「Can you hear me?……What's your name!!
怒らす蠍を間違えた、哀れな恋の仔羊さん、
毒は初めて?……kiss me, my tail !!
黙って俺に恋しておけば、もうちょい長生きできたんじゃない?」
GM:では、コインを5枚どうぞ!
ルディ:choice[RED,BLACK]
DiceBot : (CHOICE[RED,BLACK]) → BLACK
ルディ:choice[RED,BLACK]
DiceBot : (CHOICE[RED,BLACK]) → RED
ルディ:choice[RED,BLACK]
DiceBot : (CHOICE[RED,BLACK]) → BLACK
ルディ:choice[RED,BLACK]
DiceBot : (CHOICE[RED,BLACK]) → BLACK
ルディ:choice[RED,BLACK]
DiceBot : (CHOICE[RED,BLACK]) → RED
GM:OK!! 君の放った弾丸は、見事にゴーストの額を撃ち抜く。ゴーストの手はハンドルを離れ、そして・・・
GM:君のポケットフォンが鳴り、コールガールがアナウンスする。
GM:「バースネーム・都城 玲樹 コールネーム・スティーブ DEAD完了。
 ……人殺しの君たちから、何か一言?」
ルディ:「毒の蠍の尻尾を追うか、唇にキスすりゃ良いものを……」
GM:「OK,My dear fucking killers!! 人殺しの君たちへ、幸あれ!」
GM:さて。
GM:有線の音楽はいつのまにか別の曲に変わっており、
その甘くスローなテンポをバックに、
ゴーストの車はぐるぐると回転しながら壁に衝突し、
煙をあげて無残に転がっていった。
GM:"私を月まで連れてって"……
レファは口ずさみながら、機嫌を直した様子でつぶやく。
GM:「……あの世から見る愛車の姿はどうかしらね」
GM:そして、ようやっと振り返って後ろの惨状を見る。
運転主がいない今、からっぽの状態で、
ぼろぼろの姿でそこに転がるのは、──年代物の、クラシック・カーだ。
ルディ:「ご主人なくして可哀想だ。お家くる?」なんて冗談めかして。
ルディ:「それとも見事、ありゃ心中かな……」
GM:「そうかもしれないわ」 レファは肩をすくめるね。
GM:何事もなかったように、車はゆっくりとスピードを落とす。
窓から見えるのはいつもの、穏やかで退屈な午後の風景だ。
GM:
「あたし達の衣装が示すとおり、あたし達の仕事は"パーティー"であり"パフォーマンス"。
 いつも最上の愛情と憎しみを籠めて、もてなしの銃弾を贈るの。それが──『人殺しの礼儀』よ」
GM:「……なんて、少し窮屈な話」
GM:レファはそんなことを呟きながら、
このまま月までドライブでもする?と冗談めかして君に投げかける。
ルディ:「いいね、……君と月まで行って、無重力のワルツでも踊る?」
ルディ:「そしたら君の重い前髪も、少しは身軽になってくれるかも」
GM:「……素敵ね」 レファは思わず笑みをこぼしながら、そうつぶやく。
GM:──『人殺しの礼儀』。
君たちスイーパーのルールであり、
冗談のように奇妙で、しかし絶対のルール。
そのルールに縛られながらも、
君たちはその"もてなし"の衣装をまとい、
誰かの大事だった人へ銃弾を贈る。
それは死人の最期に贈る"パーティー"。
人生の散り際に贈る、最上の"パフォーマンス"。

それでも、だからこそ。
……君たちは"人殺し"に変わりないのだ。
GM:貴方は別れの銃弾に何をこめる? 
別れ際、報酬を手渡しながら、青い髪の彼女は君に問うた。
ルディ:「別れの銃弾?」報酬を受け取る手をしばし止め、考えてみる。
ルディ:「……なんだろうね、……“目一杯のさよなら”」
ルディ:「……いつか別れは来るものだから、……俺のこと心配になって、戻ってこないで済むようにさ」
GM:「……そう」 レファはどこか哀しげに、君の言葉に一言返した。
そのまなざしの先で、夕日が哀愁をにじませながら、町へ沈んでいく・・・。
GM:『LIVING DEAD MEMORIES』──生ける死の記憶たちに、別れを告げて。
GM:・・・ということで2話クリアだよおおおおおつかれ!!!!!!!!!
GM:ルディさんかっこよかったああああああああああああ
ルディ:おつかれさまああああああたのしかった!!!!
GM:よかったあああ!!報酬はスコア300とお小遣い15000円だよ!
GM:やっぱりソヨちゃんのロール・・・すき・・・かっこいい・・・
ルディ:ワァイお金だ〜〜〜!!
ルディ:うっへへうれしみ……気障なロールするの楽しい……
GM:お金だぞ~~~!!!3話はダンスパーティーの予定だからそれもまた誘うねっ
ルディ:楽しみにしてる!! うはーー楽しかった……
GM:そしたら自由解散やでぇ!!!めっちゃ楽しかった
GM:よかったあ
ルディ:おつかれさま!! カートでも来たい……