ログ:裏切り者のマジック・ショー:エリック


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

GM:それではこれよりLDMメインシナリオ「裏切り者のマジック・ショー」セッションを開始します。よろしくお願いします!
エリック:よろしくお願い致します!
GM:・・・
GM:★OPENING
GM:君は一人、マジックショーのチケットを持って、オペラハウスの前に佇んでいる。
・・・事の顛末はこうだ。
GM:スイーパーの一人である、ピピリからの突然の電話。
同業者として、存在はなんとなく認知しているとはいえ、まともに面識もないのだから、まったくもって突然だ。
GM:「なぁ、エリック!うちで働かないか?
  双尾プライベートサーチツインズ、現在社員募集中なの。
  つっても、仕事は簡単♪
  近頃噂の「ホワイトリリィ」のショーを見に行くだけでOK♪
  今回はお試しってことで!
  来てくれれば給料は出すから。どう?乗らない?
  チケットはもう届くころだぜ、いい返事、待ってる」 
GM:通話は、ブツリと一方的に切れる。
エリック:うんいいよーって返したのが向こうに聞こえなかったパターン
GM:>うんいいよ<
エリック:切られちゃったぁ
エリック:悲しみ。。。
GM:しょんぼりエリックくん
GM:ふらりとポストを覗けば、電話のとおりチケットが入った封筒が届いているね。
エリック:「ちぇー、一方的な"いい子ちゃん"。給料は歩合制でお願いするよぉ?」
エリック:呟きながら、ポストに入ってる封筒を回収しますね。チケット以外に何か入ってるのかな?
GM:一緒に手紙が入っているよ。
エリック:たべまーす!
エリック:うそです読みます
GM:>たべます<
エリック:>>読ませてください<<
エリック:>>お願いですから<<
GM:では、この手紙の内容はあとだ。
エリック:なんということだ
GM:この誘いを受けるといった君には・・・
GM:リビングデッドメモリーズ! 第一幕 「裏切り者のマジック・ショー」
GM:★SCENE.1 「ショーの始まり」
GM:【くるみ割り人形第3番 こんぺい糖の踊り】
GM:受付の女性は、にこやかに君の手にしたチケットを受け取ると、
半券を切り、そのまま君を奥へ通す。
クラシックな装飾が施された館内には、
赤いカーペットが敷かれ、君はその上を歩いて行く。
GM:通路を抜ければ、そこはステージだ。
二階席、三階席、スイートシートまである広い客席。
壇上には真っ赤な幕が下りている。
GM:さて、君のチケットが案内するのは、
・・・一階席の前列に近い、中ほどの席だ。
席に座りながら、
君はチケットと一緒に入っていた手紙の内容を思いだす。
エリック:( ˘ω˘ )oO
GM:手紙の内容は、いたってシンプル。 ・・・こう走り書きされていた。
 「座席についたら、背もたれのスキマを調べろ。  オレからのプレゼントだ」
エリック:イエッサーボース
エリック:言われたとおりに調べます
GM:スキマを調べると、また一通の手紙が出てくる。
その手紙に添えられていたのは、
不思議なことに君の銃にぴったりあう、1発の"実弾"。
GM:手紙には、こう書かれていた。
 「ショーのエンディングで
  ステージに立つホワイト・リリィを撃て」
エリック:「ワーオ」
エリック:肩すくめてこえ出しちゃったよやだー って口元を覆いますね!
エリック:辺りを見回して誰か居るのかな
GM:そうだな、まだ人はまばらだね。
しかし前列には、ホワイト・ロリータに身を包んだ少女たちがすでにスタンバイしており、
胸に白百合を指していることから、熱心なリリィのファンだということがわかるだろう。
エリック:スイーパーに実弾を渡すなんて、ズイブンエキセントリックなプレゼントを寄越してくれるなぁ
なんて思いつつ白ロリの少女かわいいなーって眺めますね
エリック:マァ、直接いいこちゃんからお願いされたのは「ショーを見に行け」だけだし
エリック:やるかやらないかで言われると今んとこヤラナーイ
エリック:大人しくショー待機します
GM:ショーの会場は、だんだんとざわめきたち、人が集まってくるね。
GM:・・・もうすぐ、ショーが始まる。
エリック:あ、実弾はポッケにナイナイしときますね
エリック:お手紙も
GM:了解です!
GM:★SCENE.2 「ホワイトリリィ、登場」
GM:【交響詩 魔法使いの弟子】
GM:会場は暗くなり、ステージがライトアップされる。
静かな興奮で、会場は息づく。
開幕前のアナウンスが流れ、静寂が訪れた後、
幕が開く。・・・ステージの中央に人影がある。
GM:スポットライトが照らしたのは、
オレンジの髪にハートマークのメッシュをした、派手な学生服を着た女の子だ。
どうやら、彼女がこのショーの司会をつとめるらしい。
司会:「ハーイ、よく集まったな、ドブ漬け女にクソッタレ坊主!
 今宵ここでお見せするのは "奇跡"(milacle)!
 目を疑うような "魔法"(magic)!
 てめーらの想像なんかいともたやすく超えちまう、とっておきのショーだ!」
司会:「待ち遠しくてドキドキするだろ?そうして登場するのは モチロン・・・」
GM:──『死体』だーーーーーッ !!!!!──
GM:その掛声とともに、会場には歓声がひびき、熱狂の渦につつまれる。
エリック:死体と聞いて
GM:ステージの奥から、
ガラスの棺に入り、白百合につつまれた、
女性の『死体』が運ばれてくる。
エリック:うわもうだめ絶対ガン見しちゃう……(顔を覆う
GM:多額の資金をかけてエンバーミングされているというその『死体』は、今なお美しい状態を保っていた。
司会:「この『死体』に"奇跡"を起こすのが、そう、われらがプリンス!
 世紀のマジジャン、"ホワイト・リリィ"だーーーーッ!!!!!!!」
GM:熱狂する観客達の前に、手を振ってステージに現れたのは・・・
GM:泉のような翠色の瞳に、
ふわふわとした白鳥の羽ような白髪をした、
すらっとした長身の、白い燕尾服を着た男が入場する。
その男は、・・・この世のものとは思えぬ、『美しさ』にみちていた。
GM:彼こそが、ホワイト・リリィ。
この街を熱狂の渦に巻き込んだ、世紀のマジシャン。
GM:──大事な人が帰ってくる、死んだ人が生き返る──
GM:それは、思い出に別れを告げる街、
ミッドナイトグレイヴタウンでは"ルール違反"だ。
だから、それを重んじるスイーパーたちはこう呼ぶ、
この街の"ルール"を破った彼のことを、憎しみをこめて、『裏切り者』と。
エリック:あー、ホワイト・リリィってどっかで聞いたと思ったら。なるほどそういうことか、と
なるほど『裏切り者』、ね。死体が生き返っちゃったらぼくたちスイーパーは商売上がったり、ってわけだぁ。
エリック:「はは」 乾いた笑いを吐き出すと、さっきポケットに仕舞った実弾を愛銃に込める。
イヤ別に裏切りとかどうでもいいんだけど、せっかくの死体を生き返らせちゃうのは残念だなぁ。
エリック:きっと観客席は沸いているだろうから、ぼくが何してるかなんて気付きっこないよね。
エリック:お膝の上に愛銃置いて、そのままショーの続きを見守りますね。
GM:ではそのように。
GM:・・・いよいよ、ショーの見せ場が来る。
GM:★SCENE.3 「目覚める花嫁」
GM:リリィが、会場に向け、
 人差し指を口元にあてそっと微笑むと、
 割れるような歓声はいともたやすく静まった。 
GM:司会が口を開く。
司会:「ここに眠るは、先日事故で亡くなった、"祝福の花嫁"ミス・フルール。
  彼女は大女優、その死には多くの人が涙したはずだ。

  だが、もう心配はいらない。涙を拭いて、ステージを見てごらん。
  ここにいるのはリリィ。世紀のマジシャンだ。
  彼に不可能はない、そうだろう?
  きっと、彼女に心臓の鼓動を、取り戻してくれるはずさ」
GM:会場にはぱちぱちと拍手が起こる。
・・・そして、黒い布を被り、幽霊のような姿をした黒子たちが、
 死体の入ったガラスの棺を開けた。
GM:リリィはその中の死体にそっと近づき、
しばらく見つめるような動作をした後、観客に向けてウインクをする。
前列の観客達が声を上げる。・・・倒れた者もいるようだ。
係員がその観客を運び出すあいだ、
リリィはくすくすと笑ったあと、手を広げ、
種も仕掛けもないよ、と身振り手振りで示してみせる。
GM:
 そして、リリィは跪き、死体の手を取ると・・・
 その甲に、そっと口づける。・・・すると。
GM:花嫁はふっと息を吹き返したように見える。
会場が、にわかに湧き上がる。
そして、彼女の周りにある花が揺れる。
GM: ・・・なんてことだろう。
GM:さっきまで、確かに冷たい『死体』だった彼女が、
頬に薔薇の色を取りもどし、起き上ったではないか。
エリック:「……」 口元はにやにやしてる。
GM:そして、ステージを見渡し、驚くような表情を見せる。
そして、リリィの顔を見ると、なにかひらめいたように声を上げ、  
GM:「リリィ、あなたなのね。
  あなたが、私を冷たい暗闇の底から助け出してくれたのね!」
GM:彼女は棺から飛び出すと、
 そう感動の言葉を叫び、リリィに飛びついた。
 リリィは彼女をそっと受け止める。
 そして、そのまま彼女を抱きあげた。
司会:「・・・さあ!帰ってきた"大事な人"、祝福の花嫁に盛大な拍手を!」
GM:司会がそう叫ぶと、
会場はワッと湧き上がり、盛大な拍手が起こる。
GM:ミス・フルールはリリィの手を離れ、ステージの上を踊って見せている。
リリィはそれを眺めながら、静かに笑みをたたえ、手拍子を送る。
GM:──撃つなら、今だ。
GM:*ここで判定を行います。
 コインを三回投げ、一枚でも表が出れば、
  その時点でリリィを撃つことは成功する。
  シーンボーナス・チャンスは無効。
エリック:はぁ、冷たい暗闇の底に居た彼女の方が、余程きれいだったのに。なんて言わないけれどさ。
……興醒めだなぁ、こんなにツマラナイ見世物は久しぶりだよ。
湧き上がる会場と観客に隠れて、銃を構える。狙うのは、
エリック:"祝福の花嫁"ミス・フルールだ
GM:運命のコイントス、3枚どうぞ!
エリック:choice[HIGH,LOW]
DiceBot : (CHOICE[HIGH,LOW]) → HIGH
GM:一発で表だしよった
エリック:君はそういう奴です
GM:さすがです
GM:では、成功だ。
GM:★SCENE.? 「花嫁へ、弾丸を」
GM:会場に響き渡る、1発の銃声。
GM:会場が、・・・リリィの視線でさえもが、その1点にくぎ付けになった。
GM:よみがえった、ミス・フルール。
GM:彼女が、信じられないという顔で、自分の胸元を、見た、気がした。
GM:その視線の先、彼女の胸には、鮮やかな赤い花が咲いていた。
GM:倒れこむフルール。
GM:会場のからあがった悲鳴を合図にして、
GM:観客は叫びながら、散りじりに逃げ惑った。
エリック:硝煙の残る銃口にフッと息を吹きかけて、持ち手の部分にキスをしよう。
やぁ、ぼくの相棒。いつもと違う銃弾の味をさせてゴメンよ
エリック:観客席に腰掛けたまま、リリィがどうするのか見てるんじゃないかな
GM:リリィは呆然としていたが、やがて君に気づくと、悲哀とも、……羨望とも、………救世主を見るような目、ともとれるようなまなざしを向けた。
GM:「僕を、……」
GM:「……るの?」
エリック:やべぇ聞き取れねえ
GM:リリィは口元でなにか、つぶやいていたね、聞き取れない。
やがて、リリィと司会を係員が無理やり下げ、ガードマンたちが君を指差し、こちらに向かってくる。
GM:再び死体となったフルールには黒い幕がかけられていた。
エリック:リリィのまなざしに首をかしげ、何か言ったの?って意味を込めて耳に手を当てますね
「違うよキミタチはいらなぁい」 ってガードマンサンに言おう
エリック:逃げないの?(困惑
GM:リリィはそのしぐさを見ると、悲痛な表情で身を乗り出し、叫ぶ。
GM:「助けて、僕を助けてよ!!!」
GM:そして、君の肩をたたく者がいる。
エリック:「アーハン?」
エリック:叩かれたら後ろを振り返るかな。
ピピリ:「まいったな、これじゃほんとに"人殺し"だぜ!」 
ピピリ:「ま、しんでたもんがルール違反で起き上がったんだし、ノーカンかな」
エリック:「ハロー、いい夜だねいいこちゃん」
エリック:「ねー、あの子、助けてって言ってたんだけどさぁ?」 リリィ連れてかれちゃったかな
ピピリ:「ハロー。そうだね、いい夜だ。 ・・・それが聞けただけでも、大手柄だぜ?リッキー」 ピピリはにやりとわらって君を小突くね。
GM:そうしている間にも、ガードマンがこちらにむかって銃を向ける。
GM:手を挙げながらピピリは逃げ道に君を誘導し、そして、
エリック:「あ、そうなのぉ?え~ぼくぜんぜん良くわかんないんだけどぉ~」
エリック:誘導される~!
ピピリ:「話はあとでゆっくりしよ?このままじゃ報酬もわたせなくなっちゃうよ」
エリック:手は挙げる~!
ピピリ:ばっと取り出した銃をかまえ、実弾を発砲して威嚇するね。
ピピリ:「オレがやるなら汚名が増えるだけってね、外に車がある。すぐに追いつくよ」
エリック:肩を竦めて外に向かって走っていこう。
「Okey-dokey.またあとでね?」
エリック:「……ン?待ってよ“いい子ちゃん”。君がここで蜂の巣になっても報酬もらえなくない?」
って急ブレーキかけて戻ってきます()
そしてシャツの襟掴んで引っ張りつつ、 「一緒に逃げよぉ」 って笑いますね
ピピリ:「あん、ばか。かっこいいとこ見せようとしたのに。ありがと、じゃあお言葉に甘える」
エリック:かわいいwwwwww
ピピリ:この二人かわいいのでは???
エリック:とてもかわいい
エリック:イエ~ってしながらダッシュしますね!!!!
ピピリ:そう言ってピピリはガードマンにウインクを送り、「スイーパー殺すとまた面倒なんだぜ、知ってる?」と威嚇射撃して脅しつつ逃げますね。ばっははーい!
エリック:ばっはは~い!
GM:そのまま、二人は車に乗り込んだことだろう。運転席にはすでに部下がおり、車は急発進した。
GM:【STOP】
エリック:後部座席に背中をぶつけ、むせたことだろう。
GM:かわいいか
エリック:「い゛た゛い゛よ゛お゛」
GM:★SCENE.5 「双尾プライベートサーチ事務所」
GM:そんなエリックくんのあたまをなでながら、ピピリは事務所に案内するね。
ピピリ:「んじゃ、入って入って。積もる話もあるし、それに報酬も渡さないとね」
エリック:なでなでされた(癒し
エリック:案内されるがままついていきます!
GM:では、事務所へ。
GM:事務所に入ると、ピピリが蓄音器のスイッチを入れる。
GM:【無伴奏チェロ組曲 第1番 プレリュード】
GM:そして、ソファにかけるよう言ったあと、 君に「コーヒー派?紅茶派?」と聞くよ。
エリック:choice[コーヒー,紅茶]
DiceBot : (CHOICE[コーヒー,紅茶]) → 紅茶
エリック:「今日は紅茶~!」 と手を挙げてお返事しますね
ピピリ:「ハイハイ」
ピピリ:ピピリは、熱いから気をつけてね。と、答えの通りの飲み物を用意し、
"魔女の館"というブランドのお菓子をいくつか出してくる。
エリック:お菓子だ~~~~~!!!!!やった~~~~!!!!
ピピリ:「で、エリック。ショーは楽しめた?」 ピピリもソファに腰掛け紅茶を一口飲むと、そう聞いてくるよ。
ピピリ:お菓子はおいしいぞ!
エリック:「もぐもぐ」 美味しい!!!!!!!!
「ん、そーあにぇ、ひたいがいいあえんんああんあちょっと」 (訳:ん、そーだね、死体が生き返るのはちょっと)
エリック:性癖的にノーサンキューだったかな
ピピリ:「ま、そうだよね。オレもそこは同意するかな」 性癖はともかく (聞き取れたの?!)
エリック:ピピくん耳っょぃ
エリック:「ん~~!このお菓子美味しいね~~!」
ピピリ:「まあ、お仕事の依頼とはいえ、楽しめなかったならそれは残念だ。今度、エンバーミングされた死体展覧会のチケットでも贈るよ」
ピピリ:「そりゃあよかった」
ピピリ:「オレも食べちゃお」
エリック:「なにそれ死体展覧会とかあるのぉ???????」 死んでる目が輝いてる
ピピリ:「あるよ、興味があるならぜひ。とっても美しいから」 ピピリは食いついてくれてうれしいかったみたい、笑顔を見せるね。
エリック:「えっほんと?いくいく、ちょう気になるぅ」 こっちも楽しそうにへらっと笑います
ピピリ:「ん。でね、依頼の話に戻るんだけど」
「オレはリリィを撃てといったけど、君はリリィを撃たずに、フルールを撃った。・・・その結果だけ見れば、報酬は渡せるのかどうか怪しいんだけど」
「君は、リリィから”助けて”という言葉を引き摺りだした」
ピピリ:「これはね、オレが期待してた以上の結果だ」
ピピリ:「結論からいえば、リリィは不死身だ。撃っても起き上がる。死なないんだ」
エリック:「……?」 首を傾げつつ 「んえ」
エリック:びっくりしたのか数度まばたきを
ピピリ:「オレは、あいつがとらわれている"死の連鎖"から、あいつを助け出そうと思っていた。・・・それは、オレのエゴだと思ってた」
「でも、そうじゃなかったらしい。あいつ自身も、助けを求めてると知ることができた」
「リリィとオレは、昔親友だったんだ、いろいろあって道を別れたんだけど・・・」
「ま、すっごく私情にはなるけど、オレにとってはお礼ができないくらいの結果を出してくれた」
エリック:「……ふーん?」
エリック:また一口お菓子をほおばりながら聞きます
ピピリ:「ま、とにかくね」
エリック:「ん、」
ピピリ:「ショーに行ってあいつを撃てといったのは、
 リリィが不死身であること、また、あいつの種の仕掛けもない人を生き返らせるマジック。
 それを間近で見て、あいつを取り巻く謎について、知ってもらいたかったんだ」
「・・・っていっても、それもあいつの”助け”を求める声が知れた以上、あまり意味のない情報ではある」
「とにかくオレにとって重要だったのは、そこだったわけ」
ピピリ:「つーことで、報酬だけ先に渡すよ」
ピピリ:ピピリはそう言うと、分厚い札束の入った封筒をエリック君に渡すね。
エリック:「ありがと」 受け取ります。
案内されたソファの上に靴を脱いで体育すわりしつつ、封筒の中身確認しちゃう。(礼儀も何もない)
GM:かわいいかwww
GM:中身は600万円ほどかな。
エリック:YABEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE
エリック:「キャーーーーーーー数え切れないーーーーーーーーーーーーーー」
GM:※シナリオ報酬とは異なります ※ごめんね
エリック:ハイ(はい
ピピリ:「ま、今日はおいしいものでも食べてよ」
ピピリ:「他に何か聞きたいことがあれば答えるけど」
エリック:「食べるぅ~ありがと~」
ピピリ:「なにか、ある?」
ピピリ:食べろぉ~ってうりうりしてくる
エリック:「あ~~」 うりうりされる~
「……結局、君の親友くん助けにいくのぉ?」
ピピリ:「ま、そうゆうことになるね。できれば、君にも協力してほしいんだけど・・・てか、そのために呼んだわけだしね」
ピピリ:「恥ずかしくて言えなかった」
ピピリ:「ゴメン」
エリック:「うぇ~~~~~~い」 うりうりうりうりうり
ピピリ:「エ~~~~~~~~ン」
ピピリ:「ま、べつにそれはNOと言ってくれて構わないわけなんだけど」
エリック:「ん、いいよぉ。ぼくに出来ることならやったげる」 へらっと緩い笑みを浮かべます。
「マァ、君が思ってるシナリオからは大きく外れちゃうこともあるだろうけどねぇ?」 今日みたいに!って指パッチン
エリック:「美味しいお菓子と紅茶を用意してから呼んでよね~」
ピピリ:「アハ!でも、それも悪くないって思えるのは不思議だ」 オレはわりと細かくてうるさいヤツなのにね?と片目を細めて笑うよ。
ピピリ:「もちろん。これくらいならいくらでも」
エリック:「驚きの結果を君にもたらそう~!」
エリック:「ッて誰かが言ってたな」 ケラケラ
ピピリ:「誰だそれw」 ツボにはいったらしい
ピピリ:「ん、でもとにかく話ができてよかった、なんか楽しかったし」
ピピリ:「また連絡するよ」
エリック:「Okey-dokey.楽しみに待ってる」 ウィンクしよう
GM:ピピリはそれにけらけら笑って返すと、事務所の外まで君を見送るね。
GM:・・・そうして、突然届いた手紙から始まった騒動は幕を閉じる。
これから、この町に起こること・・・、
君が巻き込まれていく運命とは、いったいどのようなものになるのか。
それは、まだ、だれにもわからない・・・。
GM:「LIVING DEAD MEMORIES」 ──生ける死の記憶たちに、別れを告げて。
GM:…ということでシナリオクリアでーーーーす!!!お疲れ様でした!!!
エリック:お疲れ様でしたーーーーーー!!!!!!!!!
GM:すげえ楽しかった!!!!エリック君かわいい!!!!!
GM:さて報酬は・・・スコア300とお小遣い15000円だぞ~~!!!
エリック:ひゃーーーー楽しかった!!!!!!まさかのルート開拓してしまった!!!!!(顔を覆う
エリック:やったあああああああああああああああああああああああああああ
GM:ほんとそれなwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
GM:たのしかったっす
エリック:楽しかった!!!!!ピピくんかわいい!!!!!!!!!
GM:いろいろ本編できまってなかったとことかもあの行動のおかげでイメージ浮かんだりで
GM:ありがたかった
GM:うれしいwwww
エリック:あとフルールさんはごめん
エリック:まじすか!!!!
GM:エリピピめっちゃかわいかった
GM:フルールは2度死ぬ
エリック:やったぜ~~~~~エリピピかわいい~~~~~!!!
エリック:フルールは2度死ぬ
エリック:ごめんて
GM:おもしろかったのでいいのです(いろんないみで
GM:なんか思ったより仲良ししてくれてうれしかったっす
GM:かわいいかよえりっくくんよおおお
エリック:エリック基本的に誰とでもフレンドリーなので!!!!!
GM:ラストの方からピピリの語りにかけては、シナリオとだいぶ違う感じになったんですが
GM:なぜ、エリック君を選んでここに呼んだか
GM:を考えて、その場合のピピリだったらどう動くかな?ってかんじで
GM:やってみましたっす!
エリック:ほむ……にゃるほど……
エリック:続きが気になるやつッスね……
GM:自分では出せない可能性にかけたのかもしれないなぁとやってておもいました
GM:エリック君が言ったように!
エリック:驚きの結果を君にもたらそう!!!!!!!!
GM:あとはそのために、彼に楽しいことを提供しようと立ちまわるだろうナとか
GM:いろいろ考えましたね
GM:たのしかった
エリック:あっやばいめっちゃ嬉しいヤツ
エリック:ふへへ嬉しみ……
GM:えへへよかったーー!!
GM:ほんとたのしかったっす・・・エリックくんすてきだ
エリック:いやーどうなることかと思いましたが楽しかったです!!!シーン構成がめっちゃ好きでした……
GM:わーーーよかったありがたや・・・・
エリック:LDM楽しい
GM:やったあうれしいな