シナリオ:ブラックウィッチ通りのお掃除:ゴースト情報:暴れん坊のクレイグ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

★SPEED3
★攻撃コイン3枚

▼目標コイン 「表:2枚 裏:3枚」
 ※表のコインを達成した後でなければ、裏のコインは消費されない。

▼スイープワード 「Lucky」「Cool」、
 ※裏通りの壁の落書きを見ていないと、開示されない。

▼隠しワード 「Angel」 
 ヒント「彼にとって、あの子はまるで『 』だった」
 ※隠しワードを含めたコールをした場合、追加コイン2枚

▼スイープ条件
 スイープワード、または隠されたワードを使い、日本語のフレーズを織り交ぜた
 キリングコールを完成させ、コインの判定で表を2枚/裏を3枚出せばスイープ成功。

▼パフォーマンスワード  ※エンターテイナーの適切なロールのあと開示していい
目標コイン:表1枚「kiss」
目標コイン:裏1枚「sweet」
目標コイン:表3枚「clap your hands」選択した効果をスイーパー全員に適応する
目標コイン:裏3枚「Sing to the death」選択した効果をスイーパー全員に適応する

▼リカバー用のコード
★最大ダメージ:裏3枚 
クレイグはあるものが大好き。
彼が"暴れん坊"なんて呼ばれる由縁だね。
今も、きっと彼にとってはこの上なく楽しい時間だ。

彼の好きなもの、なんだかわかるよね。
アンサーは英単語をひとつだ。君に撃ち抜けるかな?

(答え:喧嘩、勝負事を意味する英単語をひとつ)


  • 隠しワードでスイープすると、エンディングイベント【アンジェリカの花束】が追加される。
  • 秘密基地に行った上で、スイープせずにクリアした場合、スコアは半額になるが、エンディングイベント【子供たちのエール】が追加される。



「ヘイ、ヘイ、スイーパーさん。お手並み拝見といこうか、楽しもうぜ」

「ああ、大好きな・・・あの子の名前は?
 信じられない、忘れちまったんだ。・・・あの子は、俺にとって、まるで・・・」

<性格>
好戦的で、お調子者。みんなの兄貴分。
金髪碧眼の、愛嬌のある整った顔立ちをしている。
ゴーストになった今でも子供たちに慕われており、
彼の居場所である秘密基地を訪れる子供は絶えない。

生前は早くに両親をなくし親戚をたらいまわしにされ、
裏通りに投げ出され、身体を売ってお金を稼いでいた。

買われた先の公爵夫人(エイミー)の息子・エルマーの行いを咎め、
二人は殴り合いの末親友となり、夫人に隠れて二人で遊んでいた。
しかしある日、エイミーの行き過ぎた虐待によって、死んでしまう。

アンジェリカという女の子と恋仲にあり、彼女を残して死んだことを何より悔いている。


★スイープ後のイベント
(通常のスイープワードの場合)少年は白目をむき、親指を立てたまま倒れ、ぽんっとその場から消える。
(隠しワードの場合)「Angelica」と安堵の息のように漏らし、安らかな笑顔を浮かべながら消えていく。

こんな死にざまも悪くはねえ・・・スイーパーたちの耳には、そんな言葉が届いたかもしれない。

そして直後、後ろから数人の子供の悲鳴があがる。

「なんてこった、スイーパーだ!」

「うそだろ、クレイグを殺っちまったのか!」

「うそよ、うそよクレイグ!あなたが、そんな!」

スイーパーたちがなだめようとすると、子どもたちは泣きながら石を投げてくる。

「おまえたちが死んじまえばよかったんだ!」

「クレイグは、俺達のヒーローだったのに!」

「そうよ!あんたたち、やっぱりただの"ヒトゴロシ"よ!」

スイーパーが去っていく背中にも罵声をあびせ、石を投げてくる。
(スイーパーが脅したりすれば子どもたちはおびえて逃げていく)

その場を遠く離れても子供たちの泣きわめく声が聞こえる。


スイーパーの持つポケットフォンのベルが鳴り、コールガールがアナウンスする。

 「バースネーム・坂道 日向、コールネーム・クレイグ、DEAD完了。人殺しの君たちから、何か一言?」
  ※この際コメントを残すか残さないかはスイーパーの自由