シナリオ:チアリーディング部の怪!:エリア情報:チアリーディング部の部室


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

部屋を開けると中から悲鳴が聞こえる。どうやら中にいたチアガール達が、驚いて悲鳴を上げたようだ。
チアガール達は君がゴーストでないことを認識しても、"人殺し"の君の存在にはかなり怯えているようだ。
(ただしPCがビューティー、又はセクシーを所有していた場合、
手で顔を覆いながら指の隙間からチラチラとPCの姿を見るチアガールもいるだろう。みんなお年頃なのだ。)

そして悲鳴を聞きつけたのか、部室奥の扉から背の高い女性がツカツカと歩いてくる。

「…あなたは、スイーパー(リカバー)?
 ああ、「ピーピング・トーマス」のスイープに来てくれたのね。
 学園の方が依頼を出してくれたのかしら。
 私はこのチアリーディングチーム『シャレコーベ・アマゾネス』部長のジェーンよ。」


▼「チェック」 ⇒ ロッカー
一人一つ使うらしく、一つ一つに名前が書かれている。ユリアと書かれたものもある。

▼「チェック」 ⇒ 周囲
周囲にはロッカーがある。12歳くらいから18歳くらいまでのチアガール達が君を見ている。部室の奥の方には扉が見える。どうやら室内練習場に繋がっているらしい。

▼「チェック」 ⇒ ジェーン
背の高い、ブルネットの女性だ。よく見ると、恋人同士ががつけるような半分のハートのネックレスをつけている。

▼ジェーンにピーピング・トーマスについて聞く
「若い男の姿をした、卑怯者のゴーストよ。前にも一度スイーパーが来てくれたんだけど、その時は一切姿を現さなくてね。それでその時はスイープを諦めたの。あなたはスイープしてくれるといいけど…」

▼ジェーンにユリアの名前を出す
「ユリア?知らない名前ね。事務の方かしら。」

▼ジェーンにネックレスについて聞く
「ああ、これは練習中以外はつけているのよ。大切なものなの。…そういえばいつ買ったんだっけ、これ。」

▼ジェーンに恋人について聞く
「私に恋人・・・それなら・・・あれ・・・?」
明らかに混乱する。(恋人であるユリアのことを忘れてしまっている)