※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「リヴァイア」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

リヴァイア」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 &bold(){リヴァイア(進藤リヴァイア)}は、[[Legend world>http://legendworld.iaigiri.com/]]、[[レジェンドコーポレーション>http://legend-nameis.hp.infoseek.co.jp/]]の、[[管理人]]である。
 執筆活動においては「&bold(){進藤リヴァイア}」をペンネームとして使用している。
 
 #image(revia.gif,width=32,height=32,title=リヴァイア,revia.gif,blank,left)
 
 #region(人物)
 *人物
 |BGCOLOR(#00ff99):[[HN]]|BGCOLOR(#00ffcc):進藤リヴァイア|
-|BGCOLOR(#00ff99):年齢|BGCOLOR(#00ffcc):22歳|
+|BGCOLOR(#00ff99):年齢|BGCOLOR(#00ffcc):25歳|
 |BGCOLOR(#00ff99):出身|BGCOLOR(#00ffcc):神奈川県Y市|
-|BGCOLOR(#00ff99):在住|BGCOLOR(#00ffcc):千葉県N市|
+|BGCOLOR(#00ff99):在住|BGCOLOR(#00ffcc):沖縄県H市|
 |BGCOLOR(#00ff99):趣味|BGCOLOR(#00ffcc):読書、サイクリング、インターネットなど|
 |BGCOLOR(#00ff99):特技|BGCOLOR(#00ffcc):特にない|
 |BGCOLOR(#00ff99):専攻・得意分野|BGCOLOR(#00ffcc):日本近代史、哲学、倫理学、政治・経済学|
 |BGCOLOR(#00ff99):好きなスポーツ|BGCOLOR(#00ffcc):卓球、ハンドボール、バスケットボールなど|
 |BGCOLOR(#00ff99):好きな[[声優]]|BGCOLOR(#00ffcc):[[茅原実里>みのりん]]|
 |BGCOLOR(#00ff99):skypeID|BGCOLOR(#00ffcc):shindorevia|
+|BGCOLOR(#00ff99):twitterID|BGCOLOR(#00ffcc):[[@allclear_nameis>https://twitter.com/allclear_nameis]]|
 
 |BGCOLOR(#00ff99):好きなラノベ|
-|BGCOLOR(#00ffcc):「とある魔術の禁書目録」&br()「伝説の勇者の伝説」&br()「武官弁護士エル・ウィン」&br()「いつか天魔の黒ウサギ」&br()「灼眼のシャナ」&br()「涼宮ハルヒの○○」&br()「学校を出よう!」&br()「ゼロの使い魔」&br()「撲殺天使ドクロちゃん」&br()「半分の月がのぼる空」&br()「狼と香辛料」&br()「でぃ・えっち・えぃ」&br()「先輩とぼく」&br()「[[グラサン少女シリーズ]]」他|
+|BGCOLOR(#00ffcc):「とある魔術の禁書目録」&br()「伝説の勇者の伝説」&br()「武官弁護士エル・ウィン」&br()「いつか天魔の黒ウサギ」&br()「灼眼のシャナ」&br()「涼宮ハルヒの○○」&br()「学校を出よう!」&br()「ゼロの使い魔」&br()「撲殺天使ドクロちゃん」&br()「半分の月がのぼる空」&br()「狼と香辛料」&br()「でぃ・えっち・えぃ」&br()「先輩とぼく」&br()「ノーゲーム・ノーライフ」&br()「終わりのセラフ」&br()「[[グラサン少女シリーズ]]」他|
 ([[進藤リヴァイアの百冊]]も参照)
 
 |BGCOLOR(#00ff99):好きな歌手・音楽グループ|
 |BGCOLOR(#00ffcc):「[[茅原実里>みのりん]]」&br()「SOUL'd OUT」(Diggy-MO'、Bro.HI from EDGE PLAYER、shinnosuke a.k.a S'capade、DJ MASS MAD* ism)&br()「Asian Kung-fu Generation」&br()「UVERworld」&br()「音速ライン」&br()「HIGH and MIGHTY COLOR」&br()「BUMP of CHICKEN」&br()「シド」&br()「[[MARTZ]]」など|
 #endregion
 
 
 *性格
 
 **思考
 -頑固で保守派、平和主義者の人間。&br()だからといって、新しいものを取り入れないわけではない。
 -慎重に慎重を重ねすぎる傾向がある。&br()(そのため母親から「石橋を叩いても渡らない人間」だといわれる)
 -自己犠牲の精神が非常に強い。&br()また、責任感(?)が強すぎて、何でも一人で背負ってしまう困った性格を持つ。&br()一人で背負っていて、ギブアップすると一気に落ち込む。年に1・2回あるが、1日で復活する。
 -偏見をする人間がとにかく嫌いで、&bold(){アンチをアンチする立場}をよくとっている。
 -オリジナリティにこだわる。というかオリジナルなことしかできない。人のまねをするのが苦手。&br()何をするにしても頭で考えてからやるため、技能系スキルが貧弱。特に美術センスは悪い意味で評判を持っている。
 -理論的な会話を好む。理論武装主義。
 -妄想(想像)が強く、一度自分の世界に入ると他のことがあまり見えなくなる。&br()この時のイメージが、小説に活かされることもしばしば。
 
 
 **気質
 -お兄さん気質を持つ。実際性格判断ゲームでは、そのように出た。&br()実際、友人関係は年下との交流が多い。(精神的に幼いともいう)&br()心身の成長が、他の同年齢の人より遅いため、早く生まれすぎたことを少し悔しんでいる。
 -まとめ役に抜擢されやすい。でもまとめ下手。
 
 
 **好きなこととか
 -会話ネタは原則として広く浅く。一部に関しては深い知識も持つ。&br()掲示板やチャットなどで知らない話題になると、ネット検索を駆使してなんとか追いつこうとする。
 -自分が[[ヲタク]]であることを自覚している。&br()趣味や好きなことがあってそれに関して深い知識を持つ人間は誰しもが[[ヲタク]]であるという考えを持つ。
 -本を読むのが大好き。最近はライトノベルが中心。&br()自ら小説を書くこともある。([[グラサン少女シリーズ]]を参照。)&br()「伝説の勇者の伝説」「いつか天魔の黒ウサギ」などの作者である「鏡貴也」先生を崇めている。
 -カードゲームが好きで、幼い頃からさまざまなカードゲームに手を出している。&br()遊戯王OCG、ポケモン、MTGのほかにも、ガッシュベル、メルヘヴン、NARUTO、デジモン、遊戯王カードダス、ワンピースカードダスなどなど。&br()また、プレイこそしてないものの、カードファイト!!ヴァンガードにも非常に興味がある。
 -外に出ることはあまりないが、だからと言って運動が嫌いなわけではない。&br()自身を「アクティブなインドア派」と呼んでいる。
 -中学生までは人前で歌うことが苦手だったが、高校に入学してからはそれを克服し、最近では積極的にカラオケに行きたがる。
 -大学生になり、京浜急行電鉄を利用するようになってから、京浜急行電鉄のすごさに感動し、&br()「プロの客」の1人になってしまった。おそろしや京浜急行電鉄。
 -ロリコン。&br()また、かわいければ何でも好きだといっているため、[[猫]]やハムスターなどの動物も好む。&br()[[二次元]]・[[三次元]]・[[2.5次元]]どれでも、かわいければそれでいい。&br()また、ポニーテール[[萌え]]。(ただし[[ポニ美]]は除く)
 -逆に、嫌いなものというのはあまりない。&br()偏見ばっかり持っていたり、他人のことを考えない人は嫌いだけど。
 
 
 *その他のスペック・情報
 |BGCOLOR(#00ffcc):普通自動車運転免許を持つ。|
 |BGCOLOR(#00ffcc):危険物取り扱い免許 乙4種を持つ。|
 |BGCOLOR(#00ffcc):「[[中の人>声優]]」とは、少し性格が異なる場合があるが、持っている思想は基本的に変わらない。|
 |BGCOLOR(#00ffcc):中肉中背。BMIは標準値。|
 
 
 *名言(迷言?)
 「[[バックの肌色はよろしくないっ!]]」
 「[[洋平]]、洋平洋平洋平!(以下略)」
 「[[えっふん!!]]」
 
 
 *関連項目
 -[[雨弓]]
 -[[コモン]]
 -[[進藤家]]
 -[[レジェンドコーポレーション]]
 -[[Legend world]]
 -[[CMOMラグナロク]]
 -[[CMOM小説]]
 -[[進藤リヴァイアの百冊]]
 -[[海竜神ラジオ]]
 -[[遠藤リヴァイア]]
 -[[グラサン少女シリーズ]]
 
 *外部リンク
 
 -[[Legend world>http://legendworld.iaigiri.com/]]
 -[[紅蓮~月の欠けたる日々~>http://allclearnameis.blog70.fc2.com/]]
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。