空気読め

空気読め とは、そのままの意味である。
ネチケットの中では非常に重要な事項である。

ページ名の変更および記事の再構築が検討されています。
今見ている記事は内容がgdgdで要点がずれているかもしれません。

なぜ空気を読まなければならないのか?

四字熟語に「十人十色」という言葉がある。
解釈を拡大するが、「自分と全く同じ志を持つ人はいない」と意味されている。

また、「蓼食う虫も好き好き」と言うように人それぞれの趣味も千差万別である。

このようなことにより、さまざまなトラブルが発生したりする。


擬人化の例


例えば、Aがその何らかのモノを擬人化(生き物でない、あるいは人間ではない動物を人間の姿に見立てること)したものが好きだったとする。
Aは擬人化を「表現」の一種として、時にはそれに「萌えを追及するのが好きである。

一方、Bはその擬人化という行為に嫌悪を抱いていたとする。
Bは(擬人化される前の)もともとの姿に美を求め、擬人化したものは認めない、
そのモノが本来持っていたイメージが崩れることが嫌だと感じている。

AがBに対して擬人化されたモノを押しつけたとしたら、Bの反応は考えるまでもないだろう。逆も然りである。
これによって、AとB同士が自分の考えを押し付け合う醜い争いに発展するのである。


同人の例


最近では、元の作品の二次創作である、いわゆる同人の存在が増えてきている。

その中には性欲を満たすものだったり、BLもの、GLものだったりする。
しかし、純粋なファン(元の作品をこよなく愛する)にとっては不快極まりない事態である。

これも、自分が例えば元の作品のキャラを愛でていた時、そのキャラが[ 禁則事項 ]]されることにより自分が持つキャラのイメージを崩される
のが要因である。


要するに、自分がある一つの「同人」を愛でた時、必ずそれに対するアンチも出てくることである。

他人に合いもしない趣味を押し付けることは時には荒らし、仲間割れにまで発展する。
そこで生まれたのがこの 空気読め である。

このページは書きかけです。加筆してくれる人を募集しています。多分。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。