ツンデレニウム

ツンデレニウム とは、2008年冬頃に発見された新しい物質である。


概要


元素記号は「Td」
ヒトへの含有率は約0,0000000023%と、かなり低いが、
特定の病気に感染すると、含有率が極端に上昇する。

「希ガス」に属する。

ツンデレニウムは、常に結合と分離を繰り返し、
元素1つの状態だと、他の元素と結合しようと動き回るが、
多くの元素と結合した状態になると、分離して離れる。

この動きから「ツン」=「分離」、「デレ」=「結合」と当てはめられるようになり、
ツンデレニウムと呼ばれるようになった。

ツンデレニウムは、脳の前頭葉へ働きかける物質である。
含有率が高くなればなるほど、衝動的になりやすくなるといわれている。


関連項目


  • Legend world流行語大賞
    (第3回において3位、第4回において2位を受賞。大賞内において2度受賞しているのはこれのみ。)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。