黒大和

黒大和 とは、かつてLegend worldに現れた荒らしである。もちろん、荒らしだから住民票には載ってない。
一応言っておくけど、この人とは別人。

解説


黒大和は、Legend worldに、決して忘れ去られることがない汚点と反省点を残した。

彼が最初に現れたのは、2007年4月1日0時のことであった。
突如掲示板に現れ、滅茶苦茶な文字を羅列した文章を書き込むという、荒らしとしてはスタンダードな方法であった。
そしてその中に、その言葉はあった。

「ここを潰してやる」

大半の者は、この言葉を冗談だとしか思わなかった。中には、嘲笑する者もいた。
そう、この時はまだこの後に起こる出来事を、誰一人予測していなかったのだ・・・

そして夜が明け、チャットに人が集まり始めた昼頃である。
ついに、黒大和がチャットに現れたのだった。
最初は皆少し驚いたが、次第に冗談混じりに茶化したり、挑発したりという言動が目立っていった。
もちろん、誰も黒大和の言葉を信じていない。
この後、呆気なく黒大和は強制退室アクセス禁止をされ、チャットに入室できなくなった。

しかし、再び「ヤツ」は現れた。

数時間後、黒大和が再びチャットに入室してきたのだった。
チャットにいた者は、黒大和の出現に困惑を隠せなかった。
を使った」「パソコンを変えた」など、様々な憶測が飛び交う。
そして、その直後黒大和はこう書き込んだ。

「このチャットをクラックした」

チャットにいた者の1人は、この発言の直後にチャットの管理画面にアクセスしようと試みた。
しかし、無情にも「パスワードが違います」の文字が。
そう、パスワードが変更されたのである。

この状況に、チャットは混乱に陥った。
そして、チャットにいた者はこう確信した。「コイツは、本気でここを潰す気だ」

しばらくの間を空けて、黒大和はこう発言した。

「命令を聞け。さもなくば、このチャットを削除する」

ますます混乱するチャット。冷静になるよう促す者もいたが、誰も聞かない。
そしてある者が、こう発言した。

「やれるもんならやってみやがれ、このイエローモンキー」

黒大和は即座にこう返答する。

「10個のカウントダウンの後、このチャットを削除する。覚悟しろ」

もはや、かつての楽しいチャットの面影は無くなっていた。
あるのは、不安と戦慄のみ。

「10」

カウントダウンが始まる。

「9」

ある者がふざけて「65535」と書き込んでみるも、無視された。

「8」

「このヤロウ」「消えちまえ」飛び交う罵声。

「7」

ある者が必死に管理画面にアクセスしようとするが、出るのは「パスワードが違います」の文字のみ。

「6」

げへへへへへへへへへへ。げへへへ。黒大和に混じって狂った者が出始めた。

「5」

どうしよう、どうしよう。これが嘘ならどんなにいいことか。

「4」

ますます不安が膨張していく。

「3」

「3000000000」 もちろん、無視された。

「2」

もう、諦めるしかない。

「1」

終わり。

「0」


予告どおり、チャットは削除された。

そしてその直後、Legend world内の様々なデータが黒大和によって破壊されていき、多大な被害を及ぼした。
掲示板、CMOM・・・あらゆるデータが失われた。
そう、彼はたった1日で、Legend worldを壊滅に追い込んだのだ・・・

その3日後、必死のデータ復旧が行われ、Legend worldは奇跡的に復活した。
掲示板、チャット、CMOMまで、ほとんどのコンテンツが、騒動が起こる前と大差なく作動した。

この騒動から、1回たりとも黒大和は姿を見せていない。
しかし、また彼は襲撃してくるかもしれない。その不安は、今も利用者の中に少なからず存在している・・・


真実を知りたい人へ



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。