メイド

ご主人様、おかえりなさいませ!



概要


メイド とは、宇宙人撃墜用竜型最終決戦兵器「メタル・イレイサー・ドラゴン」の略ではない。
かといって、あの世でもない。単なる「使用人」である。

主人に仕え、身の回りの世話をすることがお仕事。
掃除、洗濯、炊事といったことをする。
「秘書」よりも生活に密着しているが、現代ではメイドは偽者しかいない。

なお、男の使用人は「執事」と呼ぶ。 ではありません
執事はどちらかというと、車の運転だったり、ガードマン代わりだったり、秘書の仕事を兼任したりする。



歴史


中世ヨーロッパには、メイドはすでに存在していた・・・らしい。
出稼ぎのため、まだ若い女の子であってもどこかの貴族にメイドとして仕えることもあったとかなかったとか。

現代に移っていく過程で、メイドの数は減っていく。
代わりに「家庭教師」「家事手伝い人」「ベビーシッター」という職業に就く女性が増えていった。

日本では、メイドとは少し異なるが、「女房」という女性使用人が平安時代ごろから存在していた。
清少納言や紫式部は「女房」である。

現在は、主にメイドカフェで、見かけることができるが、そこにいるのは偽者である。
だが、偽者でも癒されたいのだろう? 私もそうだ。 だからいくんだ。



関連項目


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。