上条当麻

上条当麻 とは、バトル系ライトノベル「とある魔術の禁書目録(インデックス)」の主人公である

概要

最早笑うしかない不幸と、全ての超常現象を打ち消す幻想殺し(イマジンブレイカー)を右手に持つ
口癖は「 不幸だー!

ちなみに2008年のライトノベル男性キャラの人気投票では3位を獲得している。

幻想殺し(イマジンブレイカー)

「異能であれば、例えそれが神の奇跡(システム)であろうと打ち消す能力」
と本編で語られている能力だが、常時発動しているので
あらゆる幸運が打ち消されてしまう
ゆえに、幸運(ラッキー)が無い=不幸(アンラッキー)という状況になっている。
これによって打ち消されるものは、超電磁砲(レールガン)の原理で打ち出されるコインから魔法文字(ルーン)の炎、
幸せの赤い糸や、魔法が掛けられたもの(マジックアイテム)まで打ち消す。
ただし二次災害(例:粉塵爆発)は防げず、右手以外の所にも届く広範囲攻撃には弱い。

フラグ

ライトノベルの主人公なので、まぁ例によって女性とのフラグは立つ。
しかし彼の場合その数が半端ではない
彼のフラグは18巻現在で9人 +1万人の妹達(シスターズ) という最早次元が違うレベルになっている
さらに見方を変えるとある意味では7000人の修道女(シスターズ)にもフラグを立てているような気がする。
運命の赤い糸が途切れても一方通行の思い(かたおもい)にはなんら影響が無いと思われる
というかこの男実はわざとやっているんじゃないだろうか
しかもほぼ命の恩人という点も見逃せない、実はお前リア充なのか?自覚していない鈍感は罪だぞ?
後19巻の話聞いたけど2人増やしてないか?

戦闘方法

バトル系のライトノベルなので、戦闘シーンがあるのだが、
この作品の戦闘は科学や魔法(いのう)の力に頼りがちなので、それらを全て打ち消す幻想殺しは非常に強く、
さらに 二次元主人公屈指 の身体というチートめいた能力(せってい)
参考資料
そして敵に容赦無く浴びせる 説教
と作品のタイトルとか世界観を無視する科学も魔術も交差しない戦法を取る

名言

まずは――その幻想をぶち壊す!
歯を食いしばれよ、最強(さいじゃく)――――――
――――――俺の最弱(さいきょう)は、ちっとばっか響くぞ

ずっと待ち焦がれてたんだろ、こんな展開を!
英雄がやってくるまでの場つなぎじゃねえ!主人公が登場するまでの時間稼ぎじゃねえ!他の何者でもなく!他の何物でもなく!
テメエのその手で、たった一人の女の子を助けてみせるって誓ったんじゃねえのかよ!
ずっとずっと主人公になりたかったんだろ! 絵本みてえに映画みてえに、
命を賭けてたった一人の女の子を守る、魔術師になりたかったんだろ!
だったらそれは全然終わってねえ!! 始まってすらいねえ!!
ちっとぐらい長いプロローグで絶望してんじゃねえよ!!
――手を伸ばせば届くんだ。いい加減に始めようぜ、魔術師!

などと若干青臭い(ちゅうにびょう)セリフが多い

AA

                       ヘ(^o^)ヘ いいぜ
                         |∧  
                     /  /
                 (^o^)/ てめえが何でも
                /(  )    思い通りに出来るってなら
       (^o^) 三  / / >
 \     (\\ 三
 (/o^)  < \ 三 
 ( /
 / く  まずはそのふざけた
       幻想をぶち殺す

最後に


俺個人としてはこの話で一番好きな人です
上条さんマジパネェッス
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。