ファイアーエムブレム

ファイアーエムブレムシリーズ とは、 手ごわいシュミレーションRPGゲームシリーズである
生半可な精神では、決してクリアできない、厳しいゲームである。

作品によって、「エロいシーンのないエロゲ」と揶揄される。


もしかして  →  ファイヤーエムブレム
もしかして  →  ファイアーエンブレム
もしかして  →  ファイヤーエンブレム
もしかして  →  ティアリング【自重されますた】?(【自重されますた】サーガ?)

上記の4つのいずれかを、ファイアーエムブレムの話題内で発言しようものなら、
任【自重されますた】堂、インテリ【自重されますた】システムズ、いわゆる「エムブレマー(後述)」から猛烈な苦情が出る。
上3つに関しては、いろんな検索サイトで検索すると、突っ込みを受ける。



概要


ファイアーエムブレムシリーズは、シュミレーションRPGゲームを開拓したとも言われるゲームである。
中世の西洋のような世界を部隊にし、巻き起こる戦乱の中、主人公たちが平和を求め戦う・・・というのがほぼ共通したストーリーである。

登場する武器には、剣や斧、槍や弓といったものが出るほか、魔法、
果ては「竜(マムクート)」や「ペガサス」といった架空の生物も登場する。

ファイアーエムブレムは、人間の生き様などを見せ付けられるゲームともなっている。
一番わかりやすいのは、ゲーム内でのキャラクターの「死」についてである。
ゲーム内で、倒されてしまったキャラクターは、原則として(例外もあるが) 一度死んだキャラクターは生き返らない
他のゲームのように、お金を払えば復活できる、ある魔法を使えば復活できる、といったことが一部の例外を除いて、ない。
そのため、いかにキャラクターを死なせずにゲームを進めていくか、が重要となっている。

また、ファイアーエムブレムに登場するキャラクターは、いずれもしっかりとした個性(性格)を持ち、
そのキャラクターの生き方、言動、行動など、あらゆる場面でそれを見ることができる。
それらのキャラクターの中には、自分と共感できるようなものもいたりするため、
そこからお気に入りのキャラクターができることもある。

お気に入りのキャラクターのみでゲームを進めていく、特定の武器のみでゲームを進めていく、といった
「縛りゲー(制限ゲー)」をするものも多く、1度のクリアだけではこのゲームのすべてを楽しむことができないことも、
最大の特徴の1つである。


作品一覧


ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣(ファミリーコンピュータ)

「大乱闘スマッシュブラザーズ」シリーズにも登場した「マルス」が主人公の第1作。
2008年にニンテンドーDSで「新・暗黒竜と光の剣」が発売されている(後述)。

ファイアーエムブレム外伝(ファミリーコンピュータ)

「暗黒竜と光の剣」の後日談ストーリー。主人公は違うが、一部キャラクターが引き続いて登場する。

ファイアーエムブレム 紋章の謎(スーパーファミコン)

2部構成になっており、1部は「暗黒竜と光の剣」のリメイクとなっている。
「暗黒竜と光の剣」に登場する「リフ」のあだ名が「きずぐすり」になった作品でもある。

ファイアーエムブレム 聖戦の系譜(スーパーファミコン)

以上の3作とは世界観を変え、親子2代にわたるストーリーとなっている。
親の結婚相手により、子が変わるといった独特なシステムを採用している。

BSファイアーエムブレム アカネイア戦記(スーパーファミコン)

「サテラビュー」という衛星放送のデータ配信を利用したゲーム。
他の作品とは違い、現在ではプレイできないためシリーズの1つとしてカウントされないことが多い。

ファイアーエムブレム トラキア776(スーパーファミコン)

「聖戦の系譜」のサイドストーリー作。主人公は異なる。
シリーズ最高難易度の作品と言われており、また現在では入手も困難。
ネットオークションでは高値で取引されることも。

ファイアーエムブレム 封印の剣(ゲームボーイアドバンス)

携帯用ゲームとして初作品。据え置き型のゲームからの転換により大幅にシステムが増えていたりする。
「大乱闘スマッシュブラザーズ」シリーズに登場した「ロイ」はこの作品の主人公。
(この作品に先駆けて、ロイは大乱闘スマッシュブラザーズに登場している。)
初の通信対戦を可能とした。GBA三作ではもっとも難しいとされている。
また、漫画「ファイアーエムブレム 覇者の剣」とコラボしており、漫画のキャラクターが使用していた武器が登場したり、
漫画に使われた地名が、ゲームでも使われるなどといったいわゆる逆輸入も実現している。

ファイアーエムブレム 烈火の剣(ゲームボーイアドバンス)

前作「封印の剣」の十数年前のストーリーにあたる。
全35章+αとマップ数が多く、3編構成。うち「エリウッド編」「ヘクトル編」はどちらかを任意に選択する。
「ヘクトル編ハード」は、「封印の剣ハードモード」に並ぶとも言われる難易度。
「大乱闘スマッシュブラザーズX」に登場する「リン」はこの作品の主人公の1人。
CMでは、シリーズではじめて日本の女優(堀北真希)を起用し、平井堅の楽曲を採用した。

ファイアーエムブレム 聖魔の光石(ゲームボーイアドバンス)

他の作品から世界が独立している為、大きなつながりはない。
難易度はGBA三作では最も低い。
他の作品にはない、何度でも挑戦可能なフリーマップや、
ゾンビ、ゴーゴンといった魔物ユニットが登場する。
前回同様、CMでは日本の女優(福田沙紀)を起用、aikoの楽曲を採用した。

ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡(ゲームキューブ)

「大乱闘スマッシュブラザーズX」に登場する「アイク」が主人公の作品。
技術の向上により、シリーズ初の3Dマップを実現した。
「しっこくハウス」「ボルトアクス将軍」などネタとして扱われるキャラクターも多い。

ファイアーエムブレム 暁の女神(Wii)

「蒼炎の軌跡」の3年後のストーリー。
引き続き登場するキャラクターもいるほか、「しっこくハウス」の発展版「おいでよしっこくの森」といったネタを生んだ。

ファイアーエムブレム 新・暗黒竜と光の剣(ニンテンドーDS)

「暗黒竜と光の剣」のリメイク版。
一部システムが、GBA三作を引き継いだ形となっている。(通信対戦など)
ネットの普及により、オンラインショップという、ネット上のショップで武器の購入などができるようになった。



エムブレマー


エムブレマーとは

1.ファイアーエムブレムを正式名称で言えるもの
2.ファイアーエムブレムをプレイするもの
3.ファイアーエムブレムのなんたるかを知っているもの

であるとする・・・かもしれない。



その他


カードゲームになっていたり、OVA化もしている。
漫画や小説なども多数作られている。




LWのエムブレマー



その他加筆おk



関連項目


ないです
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。