浦賀サイドターン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

クオリティが低いわね。読む人の気持ちになって見なさい?
クオリティが低いか意味不明あるいは、全然レジェンドワールドに必要ない記事の可能性があります。
クオリティを高くするとかそんくらいの努力しなさいよ。バカァ・・・。


逆走?よくあることだよ



浦賀サイドターン とは、京浜急行電鉄「品川駅」において、逝っとけダイヤ発令時に行われる妙技である。
京浜急行電鉄「浦賀駅」でターンすること、と間違えられやすい。



概要


逝っとけダイヤ発令中、京浜急行電鉄「品川駅」の3番線(当駅どまりの車両が入るため、行き止まりの線)から、
上り本線である2番線をまたいで、下り本線である1番線に車両を入れて、折り返しをすることを指す。

言葉だけでは非常に説明が難しいため、以下の図解を参照。



① 逝っとけダイヤ発令中、やむを得ず3番線に車両を入れなければならない場合があり、3番線に入る。
② 3番線で乗客を降ろした車両は、浦賀側の線路変更ポイントを使用して、下り本線に一度出る。
③ 下り本線に出たら、浦賀側の線路変更ポイントをすぐさま変更し、1番線ホームに車両を入れる。
④ 1番線で乗客を乗せたら、浦賀・川崎・横浜方面へ出発。



3番線で、浦賀・川崎・横浜方面に行きたい乗客を乗せようとしない、
1番線で、乗客を降ろそうとしない、のは
「お客様を動かさず電車を動かす」京浜急行電鉄の理念(?)ならではのことであり、
お客様のためなら、どんなこともやってのける。そこにシビれる、あこがれる。


ちなみに

本線を使って折り返すことは、決して珍しいことではない。
しかし、この場合は、折り返しに要する時間が、ほかの鉄道会社の数倍近く早いこと、
お客様に手を煩わせないこと、が、この行為のすごさと言われている。



詳しく知りたい人は・・・



を参照すると、そのすごさがきっとわかるかもしれない。



関連項目


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル