ノシノシ詐欺

ノシノシ詐欺 とは、詐欺の1種である。


概要

2000年代後半より世間を騒がせていた「オレオレ詐欺」を受けて、
新たに編み出された詐欺法が、「ノシノシ詐欺」である。

この詐欺は、卑劣極まりないものであり、時に被害者に相当の精神的なダメージを負わせる。

チャットにおいて、ログアウトするときの挨拶として「ノシ」(人が手を振っているようなイメージから)が
存在するが、この挨拶を利用したものになっている。
この挨拶をするということは、ログアウトするという意思表示であって、すぐにログアウトする、もしくは、
安藤君に連れて行かれることが暗黙のルールとなっている。
しかし、この挨拶をしたにもかかわらず、その両者とも行わないでチャットに留まることは、
マナー違反である、という見方から、この詐欺が誕生している。

そのチャットごとのルール・習慣によって多少異なり、このノシノシ詐欺が違法となっていない場合もあるが、
特に閉鎖的な空気を持つチャットや、未入室状態で発言を見ることができないチャットでは、
あまりその行為は快く思われないことが多い。
特に、そのチャットやホームページに対して執念深い荒らしなどが、
場の雰囲気を調べるためにこの行為をすることもあるため、管理者側の人間は、しっかりチェックしておく必要がある。

そういうところから、この行為をする場合、「ノシ」を発言したあとに、すぐにこれが詐欺であることを自ら告げた方がよい。
「・・・というのは嘘で」「・・・って言ったらログアウトするから」 といって弁明するのが、後味の残らない方法である。



関連項目


なし
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。