遊戯王


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

遊☆戯☆王-Yu Gi Oh- とは、漫画の作品の1つ。
カードゲーム・アニメ・TVゲーム・映画などを販売・放送・展開している。


漫画・アニメ展開

原作(漫画「遊☆戯☆王」1~7巻、アニメ「遊☆戯☆王」)

この作品は、1996年に週刊少年ジャンプで連載を開始した。
高校2年生の弱気な少年「武藤遊戯」が「千年パズル」というものを解いたことで、別人格「闇遊戯」が現れ、
様々なゲームを通じて、敵を倒していくというストーリー。

今までの漫画と一線を介し、格闘で相手をなぎ倒すようなバトル漫画ではなく、
頭を使って相手を倒していくものになっている。

ストーリーでは「マジック&ウィザーズ」というカードゲームでのバトルがあり、その人気が出たことによって、
カードゲーム「遊☆戯☆王カードダス」が発売される。後の「デュエルモンスターズ」の原点。


第2作(漫画「遊☆戯☆王」8巻以降、アニメ「遊☆戯☆王デュエルモンスターズ」、漫画「遊☆戯☆王R」)

先述のカードゲーム「マジック&ウィザーズ」は、アニメ製作会社等が変わった影響にもより、
「デュエルモンスターズ」となる。漫画も、カードゲームをベースとしたものに切り替わる。
(ただし、漫画は、それ以降カードゲームだけを扱ったわけではない。詳しくは、後述「DDD/DDM」を参照。)


第3作(漫画「遊☆戯☆王GX」、アニメ「遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX」)

アニメ・漫画ともに、主人公や舞台を一新した作品。
一部のキャラクターなどは第2作を引き継いでいる。


第4作(漫画「遊☆戯☆王5D’s」、アニメ「遊☆戯☆王5D’s」)

第1作・第2作の舞台「童実野町」の数十年後という設定の作品。
主人公などは、再び新しくなっている。過去作品に登場した一部のキャラクターが登場している。


映画

今までに
  • 「劇場版 遊☆戯☆王」(第1作)
  • 「遊☆戯☆王デュエルモンスターズ 光のピラミッド」(第2作、全米向けに作られた作品の邦題)
  • 「10thアニバーサリー 劇場版 遊☆戯☆王 ~超融合!時空を越えた絆~」
    (アニメ10周年(ただし第2作からカウント)を記念して作られた、クロスオーバー作品)
の3つが放映された。


カードゲーム

原作のカードゲーム「マジック&ウィザーズ」の人気が出たために、1998年「遊☆戯☆王カードダス」が発売。
1999年には、「遊☆戯☆王オフィシャルカードゲーム デュエルモンスターズ」。
現在では、名称を変更し「遊☆戯☆王ファイブディーズ オフィシャルカードゲーム」として、販売している。

「世界で最も販売枚数の多いカードゲーム」としてギネス記録にも認定されている。

インターネットでのオンライン対戦

「遊戯王オンライン」

ユーザー登録などをすることによって利用可能な、公式サイト。

「デュエルオンライン」

通称「DO」。有志によって作られた、オンライン対戦ソフト。
Legend worldでも、よく利用されている。


ゲーム

多くのゲームを出しており、ほとんどは「デュエルモンスターズ」をメインとしているが、
中には「DDD/DDM(後述)」や「カプセルモンスターズ(後述)」など、違うゲームを扱ったものもある。


その他の展開

DDD/DDM(ドラゴンズ・ダイス&ダンジョンズ/ダンジョンダイスモンスターズ)

漫画「遊☆戯☆王」16巻に登場した、「デュエルモンスターズ」とは違うゲーム。
ボードゲームとテーブルトークRPG、すごろくを足したようなもので、実際に販売もされた。

カプセルモンスターズ

ボードゲーム型対戦ゲーム。実際に発売されたほか、ゲームでもいくつかのソフトで出ている。


カテゴリー:ゲーム
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。