iTera nano


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

iTera nano(イテラ ナノ) とは、レジェンドコーポレーションの、フラッシュメモリを内蔵したデジタルオーディオプレイヤー及び自動挨拶マシンである。
アッ●ル社の「iPod nano」とは何の関係も無い。

画像は作ってる途中、そのうちうpるかも


概要


メーカー:レジェンドコーポレーション
種別:デジタルオーディオプレイヤー・挨拶プレイヤー
発売:2112年2月30日
電源:ツンデレニウムイオン電池
対応ストレージ:フラッシュメモリ(1TB~300TB)
入力装置:マイク、タッチパネル、マウス、キーボード、外部フラッシュメモリ
外部接続:USB4.0、ITRN1394
ガイトキャラクター:猫寺クルミ
その他機能:デジタルカメラ、通話機能、メール機能、インターネット接続機能


レジェンドコーポレーションにより発売されたデジタルオーディオプレイヤー・挨拶プレイヤー。
一挙に37564バージョンが発表、発売されたことで話題を集めた。

音楽の視聴だけでなく、デジタルカメラ機能、ムービー録画、通話・メール、
さらには、インターネットに接続もできるという多機能さを武器に、わずか販売開始から1分で300億万台が売れた。

しかし、最大の売りは「自動挨拶機能」にある。
これは近くにいる誰かが「こんにちは」をはじめとする挨拶をすると、
「iTera nano」が勝手に挨拶を返すというものである。

対応している言語は「9700兆語」にも及び、日本語・英語はもちろん、
フランス語、ドイツ語にも対応しているため、海外旅行でも安心。
他にはマイナーどころとして「サンスクリット語」や「古代ローマ語」。
宇宙語にもいくつか対応しており、「火星人語」「水星人語」「冥王星人語」「情報統合思念体語」など20種が登録。
Legend world語」「語」「犬語」などバウリングもビックリの対応。

驚くべきことに、「perl言語」「Javascript」などのプログラミング言語も対応しており、
インターネット接続機能を使用中に「Hello world」プログラムを踏むと、勝手にプログラミング言語と話をはじめる。


関連項目


ないです



そして


こんなものがあるわけない
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。