知らんがな


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

 知らんがな(読みも同じ)とは、自分の発言に責任を持てなくなったときや、分からない問題の答えを聞かれたときに使える便利な言葉である。 

 

*「知らんがな」の発生例

 

1

隣のオヤジ:「うちのガラスを割ったのはお前か!」

    自分:「えっ、えーとー・・・。」

隣のオヤジ:「やっぱりお前か!」

    自分:「知らんがな!」

 

2

先生:「はい、では○○くん(自分)この問題を答えて下さい。」

自分:「えっ、えーとー・・・、6エックス・・・ですか?」

先生:「違います。」

自分:「知らんがな!」

 

使用者について

 

「知らんがな」の「がな」自体は大阪弁(あるいは関西弁)であるが、関西人ではなくともつかったときに違和感はあまり無い。

 

被害

 

知らん。自己責任。

 

*好きなタイプは?

 

知るかそんなもん。

 

恋人いる?

 

しつこいってのに。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。