グラサン少女シリーズ



グラサン少女シリーズ とは、進藤リヴァイア著による、
Legend worldライトノベルのシリーズ作品。
ジャンルは、リアリティー・ミステリー・バトル・ファンタジー。

原作者 進藤リヴァイア
出版 ホンニナル出版
制作 グラサン少女シリーズ制作委員会
協力 レジェンドコーポレーション出版部
ジャンル リアリティー・ミステリー・バトル・ファンタジー

概要

Formula著の小説、 Another World に登場するキャラクター「ゼヴルド」が、
読んでいたライトノベル「星の王子とグラサン少女」を、誰かが執筆しようという話になったとき、
進藤リヴァイアが名乗りを上げ、執筆された。


文体は、基本、一人称で進む。場面によって、三人称になることもある。
また、ウェブ版では、時間軸が変わる場合、時間が進むならば「 」、戻るならば「 」を用いており、
その記号の数が多いほど、時間の変化が大きいことを示している。
なお、絶対的ではなく相対的によって個数は変化するため、「>>>>」となっていて「次の日」となっている場合もあれば、
「>>」ならば数時間後、「>」ならば数分後あるいは直後、など、場面によって異なる。
さらに「~~~」「☆☆☆」で場面転換を用いることもあるが、これは「>」1つに相当する時間の流れのうち、
視点が別の人物に変化する 』ときのみ使用している。(2種類あるが、違いは無い。)


登場人物



作品一覧

本編

  • 第1作「星の王子とグラサン少女」3部構成(2010/6/13)
  • 第2作「幽霊公爵とグラサン少女」6部構成(2010/7/3)
  • 第3作「太陽と恋とグラサン少女」7部構成(2010/8/23)
  • 第4作「遭難事件とグラサン少女(上)」6部構成(2010/9/10)
  • 第5作「遭難事件とグラサン少女(中)」4部構成(2010/11/15)
  • 第6作「遭難事件とグラサン少女(下)」5部構成(2010/11/29)
  • 第7作「はじまりの魔法とグラサン少女(上)」3部構成(2011/5/12)
  • 第8作「はじまりの魔法とグラサン少女(中)」3部構成(2011/6/15)
  • 第9作「はじまりの魔法とグラサン少女(下)」4部構成(2011/9/30)
  • 第10作「終わりの世界とグラサン少女(上)」3部構成(2011/11/19)
  • 第11作「終わりの世界とグラサン少女(中)」6部構成(2011/12/23)
  • 第12作「終わりの世界とグラサン少女(下)」6部構成(2012/1/7)
  • 第13作「心と写真とグラサン少女」1部構成(2012/1/25)

外伝

  • 第1作「グラサン少女シリーズ外伝 僕と私と世界の呪い(上)」3部構成(2010/10/11)
  • 第2作「グラサン少女シリーズ外伝 僕と私と世界の呪い(中)」3部構成(2010/12/11)
  • 第3作「グラサン少女シリーズ外伝 僕と私と世界の呪い(下)」3部構成(2011/8/1)
  • 第4作「グラサン少女シリーズ外伝 僕と私と世界の呪い(終)」3部構成(2011/10/31)
  • 第5作「グラサン少女シリーズ外伝 過去、そして未来に送る手紙」(2012/2月下旬予定)

既刊一覧

グラサン少女シリーズ1 星の王子とグラサン少女(試作版)」(2012/1/25初版)

収録作品「星の王子とグラサン少女」「幽霊公爵とグラサン少女(3章まで)」

グラサン少女シリーズ1 星の王子とグラサン少女(正式版)」(2012/2/20初版)

収録作品「星の王子とグラサン少女」「幽霊公爵とグラサン少女」「太陽と恋とグラサン少女」

グラサン少女シリーズ2 遭難事件とグラサン少女」(2012/2/28初版)

収録作品「遭難事件とグラサン少女」「祭りと花火とグラサン少女(書き下ろし作品)」「グラサン少女シリーズ外伝~僕と私と世界の呪い~1(上)」

グラサン少女シリーズ3 はじまりの魔法とグラサン少女」(2012/3/1初版)

収録作品「はじまりの魔法とグラサン少女」「グラサン少女シリーズ外伝~僕と私と世界の呪い~2(中・下)」

グラサン少女シリーズ4 終わりの世界とグラサン少女」(2012/3/2初版)

収録作品「終わりの世界とグラサン少女」「心と写真とグラサン少女」「グラサン少女シリーズ外伝~過去、そして未来に送る手紙~」「”水原月夜”という存在について(解説・書き下ろし作品)」


関連項目



外部リンク

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。