erutaso


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

携帯のアラームがなり、ふと目を覚ました。
いつもどおりの朝、少し寒く心地よい朝。

目覚めたばかりで特に何も考えず、まずは顔を洗うために立ち上がろうとした。


ガシャ



なぜか金属音がした。


音の発生源はどこだろう。携帯電話でも落としてしまったのだろうか。
携帯電話を探してみるとそれはすぐ枕元にあった。
では、一体何の音なのだろう。携帯電話に手を伸ばし、洗面台に向かおうとした。


また軽い金属音がして、携帯が床に落ちてしまった。
ああ、そうか。携帯に手が当たった時の音だったのか。
えるたそは頭の中で納得しながら立ち上がった。






携帯が手に当たって、金属音がした?




少しずつ目が覚めてきて改めて自分の手を見てみた。



なんだこれは。



えるたそは途端に怖くなり、急いで鏡の前に立った。


誰だこの人は。
驚く顔に手を伸ばすと鏡の中の人も顔に手を伸ばした。
紛れも無く自分だった。

いったいどうしてこんな事に・・・・
昨日まで折木さんと一緒に不思議を解明していたはずだ。
そうだ。折木さんなら・・・・折木さんならこの状況、打破してくれるかもしれない。
そう思ったえるたそは、携帯電話に手を伸ばした。
人間のころには無かった金属音を鳴らし、携帯の電源を入れた。

238年・・・・?
どうしてだろう。今年は2015年のはずだ。壊れてしまったのだろうか。
いや、きっと、不思議が続いているはずなのだ。そうなのだ。
まずは外に出て、情報を仕入れようと気分を入れ替えるため、カーテンを開けた。





そこには見事に宇宙が広がっていた。



キャラ名:えるたそ
種族:悲しきロボット
性別;元女性

クラス情報
Hu:1
Fi:1
Ra:71
Gu:47
Fo:1
Te:1
Br:1
Bo:1