※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

状況は、
対話者に諭す
といった感じか。

中学校レベルだと、「うまくやっていく」が出てこない。
There are different people in the world. You should get on well with those.
後半の助動詞の選定で意味が大きく変わる。候補は"must/have to/should"あたりか。
"must/have to"だと義務といった感じが出る。さらに、この両者でも使い分けがあって、意味は異なる。
和文は処世術みたいなことを会話中で説いている感じがするので、実際のところどうなんだ?

模範解答
There are all kinds of people in this world. And you have to get on well with them all.
"have to"を持ってこられました。「どうしてもやっていかなくてはならぬ」と取られたようです。
ついでに、基本的なところで「いろいろな人」の意味をきちんと表現できていなかった・・・これは・・・