※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

意外と長く感じる。こういう場合は、バッサリ斬って箇条書きにしてから、全体の構成を考えたほうが良さそうだ。
和文の述語は3つ。
  1. 「理想を持つ」
  2. 「それを達成する」
  3. 「あせってはならない」

和文の構成から、大きく1と2 3で分ける。「あせってはいけない」は、「それを達成する」の述語の文章に大きくかぶせて表現するイメージ。
「高い理想」をどういうべきか思案のしどころ。冠詞もどうればよいのやら・・・
まずはバラバラで作ってみる。
We should have a goal.
これで、「目標を設定すべきだ」という文。
We should not be in haste to achieve it in a short time.
「あせった状態。どうしてか」のタイプに持ち込んでみたが・・・
「短時間で」は"for"なのか、"in"なのか。この場合、「短い期間継続して行う」ではなく、「短い期間というある程度の境界線があって、少なくともそこまでには終わらせる」のような意味なので、"for"を使うのは不適か。
Although we should have a goal, we should not be in haste to achieve it in a short time.
つなげてみた。うーん、模範解答 plz。

We ought to have a lofty ideal, but we should not be impatient to realize it quickly.
"a lofty ideal"か・・・これはでない。