※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2者の対話。上手く書かないと何のことかさっぱりになる。

まず、前半部分。"あの行為"は恐らく過去のことだが、"許せない"は現在の私の状態。
何かひっくり返すことがない限りずっと続く含みが感じられるので、現在形の述語で表してみる。
"I can not put up with your behaviour like that."

後半部分。"結論"とは、要するに前半部分の話者の意見。結果として、結論がもう出されてしまっているが、そうする前に私の言い分を聞いて欲しかった、と表したいので、仮定法あるいはそれに類する表現を利用する。
"Before concluding to it rashly, you should have heard my words till the end."

2文をくっつけてみる。
"I can not put up with your behaviour like that."
"Before concluding to it rashly, you should have heard my words till the end."
何とか体は保っているか?

模範解答は
"That conduct of yours was inexcusable."
"Before jumping to conclusions, you might at least hear me out to an end."
「我慢できない」の時制は過去で表しているようだ。
うーん、「話の終わり」ということで、冠詞は"the"かと思ったが、"a"か・・・