賭上 魅夜


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【名前】賭上 魅夜
【種族】妖魔
【年齢】1800(外見は12)
【性別】女
【容貌】浅紫の短髪。艶やかな着物を見に纏う。猪、鹿、蝶の絵柄の扇子を所持。
【技能】
運命を見通し操る程度の能力。
数秒先の事ならば常に、それ以上になれば念じたりそれなりの事が必要になるが、それを見通せる。ただし未来は確定していないため、確実にそうなるかは分からない
また、「偶然」起こりうる事を「必然」に起こす事ができるが、基本的に生物または他人の統制下にある物には干渉できない。賭け事に直接関わりのある物に対してはその限りではない。
扇子は特殊な素材でできており壊れずそれを介する事で通常以上の力を生み出せる(しかし、元の力は弱い為「普通」になる程度)

戦闘可で射撃能力、飛行能力共にあるが、飛行はめったな事が無ければしない。
(弾は扇子から放たれる。)
【解説】
人間は食べ物でかつ飼う物という少し変わった感性の持ち主。
賭け事が大好き。その為賭博場を持っており、時折開放する。
戦闘自体はそこまで好きではないが、そこに何かが賭けられるならある程度進んでする。
相手の物を利用して勝つのが好きで、スペルカードにも表れる。