京都案内図


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■糺の森
鴨川によって隔てられた広大な森林地帯。
鴨川と高野川の合流地点から北を山々まで覆い尽くしている。
糺の森は下鴨神社周辺だけにあった森で、元の土地の名前は左京。
西洋魔法使い達が住居にしている洋風建物が点在する。
  • 北浦溜池
単に溜池と呼ばれる。元の名前は宝が池公園。

■上京
都からある程度離れた場所にある。糺の森の影響を受け人口は疎ら。
  • 京都御所
平安時代の佇まいを残す大内裏。
現在は上京の観光地として機能している。
  • 平安女学院
京都御所に隣接している、聖公会系のキリスト教主義学校。
ここの女学生達は袴ではなくセーラー服を制服としている。
  • 京都ブライトンホテル
京都御所から歩いて5分、京都最大の宿泊施設。
駐車場が存在するあたり、完全に現代の建物である。
客室数182室、直営レストラン5ヶ所、宴会場5ヶ所。

■中京
都市の根幹を成す人口過密地帯。甘味処も数多く点在する。
祇園社、南座、二条城を中心に大正時代の建物が並ぶ。
  • 八坂神社
祇園社とも呼ばれる。巨大な西楼門が特徴的。
境内東側には円山公園が隣接しており、しだれ桜の名所。
  • 南座
緒ある櫓を備えた桃山風破風造りの豪華な劇場。
400年近くもの間、歌舞伎を上演しており地元住民から親しまれる。
  • 壬生寺
四条通り沿いにある律宗大本山の寺院。新選組ゆかりの寺。
  • 二条城
天下人が住まうとされる平城。ここを中心に都が築かれたようだ。
日中は観光客が出入りしている。

■右京
中京からある程度離れた場所にある。
山々に囲まれた土地であり、特に人口が多い場所ではない。
  • 松尾大社
酒の神様であり山神である松尾大明神を祀る。
現在において醸造家からの信仰の篤い神社である。

■下京
中京に面した下京も、人口が密集している部類に入る。
大正の建物の中に現代の建物が入り混じった異様な土地。み
  • 京都タワー
幻想世界中央に位置する近代的ランドマーク。
ビル内部は宿泊施設であり、地下に朝早くから使える大浴場がある。
  • 京都駅
近代様式の巨大な駅。他県と京都を繋ぐ駅なのだが
今では人っ子一人居ない廃墟である。

■南区
下京の都市に隣接する住宅地郡。現代様式の住宅地郡があり都市ガスが使える。
都市ガスの明細書は大阪ガスとなっている。

■伏見区
人口は普通だが、伏見の名水を使った酒造が盛んな場所である。
  • 稲荷神社
伏見稲荷大社。山の中に千本鳥居があることでも有名。
標高233mの稲荷山の麓に本殿があり、稲荷山全体を神域とする。

■西京区
桂川によって隔てられた下京南区/伏見の向う側の世界。
様々な形の廃墟が立ち並び、人の気配は全くといっていい程に存在しない。
桂-長岡天神の区画が古戦場としての傷跡を残す区画である。
なお、東海道本線とよばれる大坂-京都の線路は破壊されている。
  • 駐屯地跡地
陸上自衛隊 桂駐屯地。現代の軍事基地の廃墟。
向日市の戦いに投入された戦力らしく、その殆どが帰ってこれなかった。
  • 向日市
ぺんぺん草も残らないような古戦場の中心。
条約が結ばれる前の大戦があった場所。
妖怪でもまず立ち入らない危険な場所で、訪れる者は鎮魂の儀を行う神職くらい。