※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アプリケーションの開発とエミュレートを行うためにBREW SDKを使用する。
BREW SDKに含まれるMIFエディタを使用してMIFファイルを作成
Visual Studioを使用して、DLLファイルを形成するための新しいプロジェクトを作成
プロジェクトにソースファイルとアプリケーションの詳細ファイルを組み込む
アプリケーションのためのDLLファイルを作成
BREW SDKに含まれているBREW SDK エミュレーターを起動する
グラインダーツールを用い、エミュレーター内でアプリケーションのテストを行う
BREW開発ツールを手に入れる(BREW Developer Extranetで認証された開発者にのみ利用可能)
BREW Phoneを手に入れる
BREW Developer Extranet上のBREW ClassID Generatorを利用してクラスIDを手に入れる
ARM BREW Builderを使用してアプリケーションをコンパイルする
BREW Developer Extranet上のBREW TestSig Generatorを利用してテスト署名を得る

BREW AppLoaderを使用してBREW端末にアプリケーションをダウンロードする
端末上でアプリケーションをテスト(生産前の端末上のDeveloper Labでアプリケーションを随意にテスト)
AppSignerマニュアルに従って、BREW AppSignerでアプリケーションをデジタル署名する
指示に従って、互換性テストのためにアプリケーションをzipファイルにパッケージングする
アプリケーションテストのため、NSTLにアプリケーションを提出する
TRUE BREW Test Statusを受け取った後、BREW Developer Extranet上の価格提案のテンプレートとApplication Distribution情報を作成する
キャリアは価格の検討、開発者との交渉、そして価格データを選択して受諾する。選択されたアプリケーションはキャリアのカタログにダウンロードされる。
アプリケーションの状態を調査し、キャリアの採用とアプリケーションの使用量をレポートを通してモニターする。