※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 12.8 Oracle構文の外部結合について
  1. 結合条件に一致しない行も結果として戻される。
  2. 一方の表から全ての行を取り出し、他方の表から結合条件に一致する行を結合する。一致しなければ結合せず、値が欠落したまま行が戻される。
  3. 条件の一致しない行のある表に指定する。
→つまり、全ての行が取り出されない、データが欠落している表を指定する。
  1. 外部結合演算子はどちらか一方の表にだけ指定する。
→SQL:1999構文ではFULL OUTER JOINがあるので、2つの表を外部結合できる。