※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 2.4 SQL作成時規則
  1. SQLのキーワードに短縮形はない
    iSQL*PlusコマンドやSQL*Plusコマンドにはある(DESCRIBE → DESC など)
  2. iSQL*PlusでSQL文を実行する際、文末の;(セミコロン)はあってもなくてもよい。
  3. SPL*PlusでSQL文を実行する際、文末の;は必須である。

  • 2.7 NULLを含む式
◆NULLを含む計算式はNULLになる。
◆NULLと文字列を結合すると、文字列のみ有効となる。

  • 2.11 列別名のネーミング
列別名は、列名と同じくオブジェクトのネーミング規則に従う。
  1. 長さは30バイトまで
  2. 英数字、特殊文字(#$_)を使用できる(日本語環境では漢字・ひらがな・カタカナも使用可能)
  3. 名前の先頭は英文字のみ(数字、特殊文字は使えない)
  4. 名前にスペースを含めることはできない
  5. 大文字と小文字は区別されない
  6. Oracleの予約語は使用できない
ネーミング規則外で命名したい場合、"(ダブルクォーテーション)で列別名を囲む

  • 2.12 iSQL*PlusとSQL*Plus
  1. iSQL*Plusでは、列見出しは全て中央に表示される。
  2. SQL*Plusでは、文字列と日付列は左寄せ、数値列は右寄せで表示される。
  3. iSQL*PlusもSQL*Plusも、列見出しは大文字で表示される。

  • 2.16 代替引用符(qまたはQ)
文字リテラル自体に'(シングルクォーテーション)を含む場合、2つの方法がある。
  1. 'を二つ重ねる(SELECT HOGE HO''HOGE)
  2. 代替引用符を使い、任意の文字、記号を独自のデリミタとして使う(Oracle10gより)↓
[Teacher's Pet]を表したい場合
q'ATeacher's PetA' Aが引用符デリミタとなる
Q'?Teacher's Pet?' qだけでなくQも引用符として使用できる
q'(Teacher's Pet)' [],{},(),<>などの括弧を引用符デリミタとする場合、組み合わせて使う

  • 2.18 UNIQUEキーワード
UNIQUEキーワードはDISTINCTキーワードと同義である。
◆SELECT DISTINCT * FROM EMP;
◆SELECT UNIQUE * FROM EMP;

  • 2.20 iSQL*Plusの特徴
【iSQL*Plusの特徴】
  1. ブラウザからアクセスし、SQLを対話型で簡単に実行できる。
  2. 入力されたSQL文をOracleサーバーに送り、Oracleサーバーから戻されたデータを編集(列見出しを付けるなど)して表示する
  3. オンライン編集によってSQL文を変更できる。
  4. 一元的にロードするので、各マシンにiSQL*Plusをインストールする必要はない。
  5. ローカルデータベース、リモートデータベースどちらでもアクセスできる。

【iSQL*Plusコマンドの特徴】
  1. データベース内のデータを直接操作できない(SQLだけがデータを操作できる)
  2. SQLを実行するための環境設定やレポート書式の設定などを行う。
  3. キーワードの短縮形がサポートされている。
  4. Oracle独自の技術である。

  • 2.21 iSQL*Plusの結果出力先
  1. HTMLファイル
  2. 入力領域の下
iSQL*PlusではSPOOLコマンドが使えないが、代わりにHTMLファイルに保存できる

  • 2.22 iSQL*Plus スクリプトの保存方法
◆入力領域内のSQL文とiSQL*Plusコマンドをスクリプトファイルに保存する場合、「スクリプトの保存」ボタンをクリックする。
◆スクリプトファイルから実行する場合、「スクリプトのロード」ボタンからURLかスクリプトのパスとファイル名のどちらかを指定する。

  • 2.23 iSQL*Plusの履歴ページ
iSQL*Plusの履歴ページでは、セッションで以前に実行したSQL文とiSQL*Plusコマンドを表示できる。
  1. 履歴ページに表示されるスクリプトの数を変更できる(表示数の制約はない)
  2. 履歴ページからSQL文を選択し、入力領域にロードし、再実行できる。
  3. 履歴ページからSQL文を選択肢、削除できる。